ベラジョンカジノで得た利益の税金と勝った金額の計算方法

ベラジョンカジノなどオンラインカジノで利益が出た場合には、金額によって税金の支払いが必要です。

では、どのように利益の金額や税額を計算するのでしょうか。

気になるベラジョンカジノで得た利益の税金と勝った金額の計算方法を解説します。


ベラジョンカジノで得た利益の税金と勝った金額の計算方法

ベラジョンカジノで得た利益の計算方法

ベラジョンカジノで得た利益の計算方法

ベラジョンカジノで勝った場合の利益は所得の一種です。

所得の金額は所得の種類によって計算方法が異なるため、はじめに税法上の所得の分類を明らかにすることが必要です。

ベラジョンカジノなどギャンブルの利益は、一般的に「一時所得」の扱いになります。

ほかには雑所得などに分類できる可能性もありますが、詳細な判断は税理士にご相談してください。

金額にもよりますが、雑所得のほうが所得金額・税額が低くなりやすいです。


一時所得の利益の計算方法

一時所得の金額は「総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)」で計算します。

実際の例を確認してみましょう。

すべての例でルーレットの赤に賭けたとします。勝った場合の賞金は2倍です。

ある日に500ドル賭けて負けて、1,000ドル賭けて負けて、2,000ドル賭けて勝ったとします。

最後の2,000ドルの賭けで4,000ドルの賞金を獲得しているため、プレイ前と比べて500ドル(4,000-2,000-1,000-500)資金が増えています。

一見すると賭けた金額全額の3,500ドルを「収入を得るために支出した金額」に入れて良いように見えますが、この例では2,000ドルのみ入れることができます。

一時所得では、実際に賞金を獲得できた場合に賭けた金額のみ「収入を得るため」と認められるためです。

この例の所得金額を計算すると、総収入金額(獲得した賞金額の4,000ドル)-収入を得るために支出した金額(賞金を獲得した賭けの2,000ドル)-特別控除額(2,000ドル)で0ドルになります。

特別控除で所得が0になるため、税金はかかりません。所得が0になる場合には、確定申告も不要です。

しかし費用に入れられる金額が少ないため、高額のプレイを行うかたは税額が高額になる可能性が分かります。


雑所得の利益の計算方法

雑所得の利益の計算方法

雑所得の金額は「総収入金額-必要経費」で計算します。一時所得の場合と異なり、負けた場合の賭け金額も必要経費に入れることができます。

一時所得の場合と同じ例を使って考えてみましょう。

ある日にルーレットの赤に500ドル賭けて負けて、1,000ドル賭けて負けて、2,000ドル賭けて勝ったとします。

最後の2,000ドルの賭けで4,000ドルの賞金を獲得しているため、プレイ前と比べて500ドル(4,000-2,000-1,000-500)資金が増えています。

この資金が増えた金額が、所得金額です。勝った場合の賭け金額も、負けた場合の金額も必要経費にできます。

しかし、特別控除はありません。そのため、プレイ金額が低い場合は一時所得の方が税額が低くなります。


ベラジョンカジノの税額の計算方法

前述のとおり、ベラジョンカジノで得た利益は所得です。

所得には所得税などの税金がかかりますが、これらの税は所得全体にかかり、また所得金額によって税率が変動します。

そのため、給与所得など他の所得の金額によって、税率・税額が異なります。

詳細は税額の計算方法は、国税庁公式Webサイトを参照したり、税理士に相談したりしてください。


オンラインカジノの利益を確定申告しないリスク

オンラインカジノの利益を確定申告しないリスク

税金の支払いが必要な場合に税金を納めないことは、脱税です。

脱税が発覚すると逮捕されて実刑を受けるリスクや、本来の税金に加えて追加の金額を支払うリスクがあります。

確実に確定申告を行って納税しましょう。


脱税の逮捕・罰則

納税は法律で定められている義務です。

そのため、必要な納税を行わない脱税は、法律違反で逮捕される可能性があります。

脱税に対する罰則は、懲役と罰金の2種類です。片方のみ課される場合も、両方とも課せられる場合もあります。


追加の税金

追加の税金は大きく分けて延滞税と加算税があります。

確定申告は2月16日~3月15日の間に行いますが、この期間に申告しなかった場合に課せられる税金が延滞税です。期限を過ぎれば過ぎるほど、税額が高額になります。

加算税は、申告をしなかった場合などに課せられる税金です。悪質な納税のケースでは、より高額の税金を課せられます。

なお、申告をしなかった場合以外に、実際より少額の申告を行った場合などにも加算税を課せられる可能性があります。

加算税のリスクをなくすためにも、慎重に利益の金額と税額を計算してください。

不安な点がある場合には、税理士へご相談することをおすすめします。


オンラインカジノの脱税が知られる可能性

オンラインカジノの脱税が知られる可能性

法律上はパチンコやスロット、競馬などのギャンブルも納税の必要があります。

しかし、実際には納税していないかたも多く、そのかたが逮捕される事例はほとんどありません。

そのため、オンラインカジノの納税は必要ない、脱税が知られる可能性はない、などと考えるかたもいますが、実際には脱税を知られる可能性は非常に高いです。

パチンコや競馬は現金で資金がやりとりされて記録が残りにくく、利用者も非常にたくさんいます。

対してオンラインカジノで勝った賞金を現金化する際には、主に明確な記録が残る銀行送金を利用します。

そのため、脱税を知られる可能性が高く、時間が経っても脱税を知られる可能性は低くなりません。

不公平さを感じるかもしれませんが、確実に納税しましょう。


まとめ

まとめ

ベラジョンカジノで得た利益の税金と勝った金額の計算方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ベラジョンカジノの利益は、基本的に一時所得で納税が必要
  • 脱税が発覚すると、逮捕された罰則を課せられる可能性、追加の税金を課せられる可能性がある
  • オンラインカジノの脱税は発覚しやすく、確実な納税が必要

ベラジョンカジノで出た利益は、基本的に一時所得の扱いになります。

一時所得金額を計算して、他の所得と合算しましょう。所得金額ごとの税率をかけることで、税額が分かります。

詳細や雑所得にできるかどうかなどは、税理士にご相談ください。

確定申告を行わずに脱税が発覚すると、逮捕されて懲役や罰金を課せられたり、追加の税金の支払いが必要になったりします。

確実な納税が必要です。

ベラジョンカジノの詳細を見てみる

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら



インターカジノ

インターカジノは1996年から運営している歴史の長いオンラインカジノで、株式上場もしています。

ほとんど途切れることなく様々なイベントを開催していて、イベントに参加することでボーナスや高額賞金を獲得するチャンスがあります。

信頼できるオンラインカジノで楽しくプレイしたい人は、インターカジノがおすすめです。

インターカジノの詳細はこちら



カジ旅

カジ旅はRPGをプレイしているように遊べる、ユニークなオンラインカジノです。

カジノゲームをプレイすることで冒険が進んでいき、ボスを撃破すると、ボーナスの購入に利用できるルビーや、フリースピンが手に入ります。

初回入金ボーナスのフリースピン回数が多いことも特徴で、一度プレイしてみて世界観や遊び方が気にいる人ははまるカジノです。

カジ旅の詳細はこちら