グッドマン法とバーネット法は掛け方がわかりやすく、少額でも実践しやすい戦略です。

今回はこの2つの戦略の詳しい戦術や気を付けるべき注意点についてご紹介します。

グッドマン法とバーネット法のやり方と注意点

グッドマン法(1235法)とバーネット法(1326法)


グッドマン法バーネット法も「チップの変動が少なく、安定性の高い戦略」です。

「約2分の1の確率で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」に使える戦略で、連勝時に決まったパターン通りに賭け金額を変更します。

安定性が高いだけでなく、賭け金額が少額で賭け方もわかりやすいので、実践しやすい戦略です。

賭け方

グッドマン法の賭け方

1ドルから賭けはじめて1ドルの勝負に勝ったら2ドル、2ドルの勝負に勝ったら3ドル、3ドルの勝負に勝ったら5ドルに賭け金額を変えます。

賭け金額のパターンから、1235法とも呼ばれます。

賭け金額に関わらず、負けたら賭け金額を1ドルに戻します。

5ドルの勝負に勝った場合は、賭け金額を5ドルから変えずにプレイを続けます。

バーネット法の賭け方

1ドルから賭けはじめて1ドルの勝負に勝ったら3ドル、3ドルの勝負に勝ったら2ドル、2ドルの勝負に勝ったら6ドルに賭け金額を変えます。

賭け金額のパターンから、1326法とも呼ばれます。

賭け金額に関わらず、負けたら賭け金額を1ドルに戻します。6ドルの勝負に勝った場合は、賭け金額を6ドルから変えずにプレイを続けます。

賭け方の具体例

オンラインカジノ
10回勝負して勝敗が、3戦目・4戦目・5戦目で負けて他は勝ったとします。

グッドマン法の場合、賭け金額は、1ドル、2ドル、3ドル、1ドル、1ドル、1ドル、2ドル、3ドル、5ドル、5ドルになります。

バーネット法の場合、賭け金額は、1ドル、3ドル、2ドル、1ドル、1ドル、1ドル、3ドル、2ドル、6ドル、6ドルになります。

前の勝負で勝った場合だけ、賭け金額を次の段階に変更して、負けた場合は1ドルに戻します。

損益と比較


連敗した場合

例でも見たように、連敗した場合は賭け金額を1ドルに戻すので、どちらの方法も同じく損失が増えにくいです。

4連勝した場合・4連勝以上した場合

4連勝してグッドマン法を使っていた場合、賭け金額は1ドル、2ドル、3ドル、5ドル、になります。累計の利益は11ドルです。

バーネット法を使っていた場合、賭け金額は1ドル、3ドル、2ドル、6ドル、になります。累計の利益は12ドルです。

4セットでの賭け金額合計はバーネット法の方が1ドル多いので、4連勝した場合バーネット法の方が1ドル利益が大きくなります。

連勝時の4戦目以降の賭け金額もバーネット法の方が1ドル多いです。

なので4回以上連勝が続いた場合の利益は、連勝が続けば続くほどバーネット法の方が大きくなります。

2戦目で負けた場合、3戦目で負けた場合、4戦目で負けた場合

2戦目で負けた場合は、1戦目の利益と2戦目の損失を合計すると、グッドマン法はマイナス1ドルでバーネット法はマイナス2ドルです。

3戦目で負けた場合は、1・2戦目の利益と3戦目の損失を合計すると、グッドマン法はプラスマイナスゼロでバーネット法はプラス1ドルです。

4戦目で負けた場合は、1・2・3戦目の利益と4戦目の損失を合計すると、グッドマン法はプラス1ドルでバーネット法はプラスマイナスゼロです。

どちらの方法も資金の変動が少ないことがわかります。

特にグッドマン法の方が変動が小さいです。

グッドマン法とバーネット法のやり方


グッドマン法・バーネット法を実践するためには約2分の1の確率で勝てて2倍の払い戻しのある勝負が必要です。

この条件に該当するのはヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラなどがあります。

自分好みのゲームを選択しましょう。

あとはルール通りにプレイするだけです。

グッドマン法・バーネット法の選び方

グッドマン法とバーネット法は、これまで見てきたようにとても似た戦略です。

数値的には、2戦目と4戦目で負けた場合はグッドマン法の方が1ドル有利で、3戦目で負けた場合はバーネット法の方が1ドル有利です。

それ以降は連勝が続けば続くほど、バーネット法の方が有利になります。

どちらも少額でプレイできるので、両方とも実践してみて自分に合った方法を選ぶのも良いでしょう。

他に、負けるごとにグッドマン法とバーネット法を切り替えるのも面白いかもしれません。

グッドマン法・バーネット法の注意点


グッドマン法は1度で賭ける金額は最大でも5ドルで、バーネット法では6ドルです。

資金量や賭け金額上限の影響を受けることはありません。

グッドマン法・バーネット法を実践する場合は、資金の増えづらさやボーナスによる制限などに注意しましょう。

資金の増えづらさ

「損益と比較」で見たように、グッドマン法もバーネット法も安定性が高い分だけ、資金が増えづらいです。

5回以上の連勝が出ないと、じわじわと資金が減っていくことが多いです。

ボーナスによる制限


オンラインカジノによっては、ボーナスがアカウントにある状態だと一部のプレイを制限されます。

例えばヨーロピアンルーレットが制限ゲーム(ボーナスがある時にプレイしてはいけないゲーム)に指定されている場合、ヨーロピアンルーレットで遊ぶこと自体ができません。

1度に決まった金額以上賭けることが禁止されている場合もありますが、5ドル以下のプレイが禁止されていることはほとんどありません。

6ドルでのプレイは禁止されている場合もあるので注意しましょう。

より多くの金額を賭けたい場合

賭け金額を増やしてグッドマン法やバーネット法を利用することもできます。

例えば賭け金額を2倍にしてグッドマン法を使いたい場合は、1、2、3、5を2倍にして、2、4、6、10ドルで賭けます。

しかし賭け金額を増やすと、その分リスクも増えてしまうので気を付けましょう。

まとめ


グッドマン法とバーネット法のやり方と注意点について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • チップの変動が少なく、安定性の高い戦略
  • 向いているゲームはヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラ
  • 資金の増えづらさやボーナスによる制限などに注意が必要

グッドマン法とバーネット法はチップの変動が少なく、安定性の高い戦略です。

掛け方がわかりやすく掛け金も小額から実践する事ができるので、初心者にも取り組みやすい戦術となります。

グッドマン法バーネット法、それぞれの場面によってメリットに違いがあります。

また、資金が増えづらい6ドル以下はプレイできないなどの、デメリットにも注意も必要です。

グッドマン法、バーネット法それぞれのメリット・デメリットをしっかり把握し実践してみてください。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら



インターカジノ

インターカジノは1996年から運営している歴史の長いオンラインカジノで、株式上場もしています。

ほとんど途切れることなく様々なイベントを開催していて、イベントに参加することでボーナスや高額賞金を獲得するチャンスがあります。

信頼できるオンラインカジノで楽しくプレイしたい人は、インターカジノがおすすめです。

インターカジノの詳細はこちら



カジ旅

カジ旅はRPGをプレイしているように遊べる、ユニークなオンラインカジノです。

カジノゲームをプレイすることで冒険が進んでいき、ボスを撃破すると、ボーナスの購入に利用できるルビーや、フリースピンが手に入ります。

初回入金ボーナスのフリースピン回数が多いことも特徴で、一度プレイしてみて世界観や遊び方が気にいる人ははまるカジノです。

カジ旅の詳細はこちら