オンラインカジノでとても人気があるサイトにベラジョンカジノがあります。

カジノといえば賭博になりもしかしたら違法になるの?と心配になる人もいるかもしれません。

今回はベラジョンカジノを日本でプレイするのは違法なのかをご紹介いたします。

ベラジョンカジノを日本でプレイするのは違法?

ベラジョンカジノを日本でプレイするのは違法か

ベラジョンカジノを含めオンラインカジノで遊ぶことは、賭博に該当します。

そのため、違法になる可能性がないとは言えません。

非常にあいまいであやふやな表現になってしまいますが、これは賭博に関する法律の解釈が分かれていることや、オンラインカジノに関する判例がわずかなため、はっきりとしたことが言えないからです。


オンラインカジノをめぐる解釈

海外旅行に行って海外のカジノで遊んでも、日本の法律が適用されて逮捕されることはありません。

同じように、海外で合法的に運営されているオンラインカジノで遊んでも問題ないと紹介しているサイトがあります。

オンラインカジノを紹介するサイトでは、賭博罪「必要的共犯」のため、オンラインカジノで遊んでも違法にならないと解説しているサイトもあります。

賭博罪は、胴元と賭ける人の両方がいないと成立しないとする考え方です。

オンラインカジノにおける必要的共犯を簡単に説明すると、オンラインカジノを提供している運営者と、オンラインカジノでプレイしているプレイヤーの両方が揃って、はじめて賭博罪になり違法になる、ことです。

解釈ではありませんが、様々な公営ギャンブルが存在し、三点方式を利用した実質的な賭博のパチンコ・パチスロが野放しになっている日本では、現状の法律自体が時代に適していないとの考え方もあります。


オンラインカジノ関連で逮捕者が出た事例

実際にオンラインカジノのプレイなどで逮捕者が出た事例を見てみましょう。

「スマートライブカジノ」、「ドリームカジノ」で逮捕者が出ています。


スマートライブの事例

スマートライブは利用者が逮捕されました。

スマートライブカジノは、日本語サービス、日本人ディーラー、日本人向けの開催時間が揃っていたため、実質的に日本向けのサービスと解釈されたためと考えられています。

また、カジノ内のチャット機能やSNSなどからプレイヤー個人が特定可能であったことも、逮捕の理由と考えられています。

この一例だけですべてのオンラインカジノが違法となるわけではありません。

さらに、ベラジョンカジノにおいては、8もの言語で遊ぶことができ、日本はサービス提供国の一つにすぎません。


ドリームカジノの事例

ドリームカジノでは、運営者が逮捕されました。

ドリームカジノは、ベラジョンカジノ同様、海外のライセンス認定を受けて運営されていたオンラインカジノです。

しかし、実際の運営は日本国内で行われていました。

そのため、運営者が逮捕されることになりました。

ベラジョンカジノは、トロント株式市場に上場もしているIntertain Group Ltd傘下のdumarca gaming ltdによって運営されています。

また、前述のとおり数多くの国へ向けたサービスを行っています。

実際は日本国内で運営されているとは到底考えられません。

これらのケースを見ても、やはりベラジョンカジノを日本でプレイするのは違法か合法か、はっきりとは分かりません。


逮捕されたプレイヤーが不起訴を勝ち取った

前述のスマートライブカジノ利用で逮捕されたプレイヤーが、2017年に不起訴を勝ち取りました。

弁護を行った、京都グリーン法律事務所代表弁護士の津田岳宏氏が、この件についてブログ記事を作成しています。

ブログ名は、「賭博罪改正を願う弁護士津田岳宏のブログ」、記事名は「不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件」、URLは「https://ameblo.jp/gamblelaw/entry-12235518621.html」です。


ベラジョンカジノをプレイする時の注意点

ベラジョンカジノでは、非常にたくさんの日本人がプレイしています。

具体的な人数は分かりませんが、日本人限定プロモーションが用意されたり日本人限定トーナメントが開催されたりすることから、日本人プレイヤーが多くいることは想像に難くありません。

現状では、このたくさんいる日本人プレイヤーが逮捕されてはおらず、違法かどうかはっきりしなくとも、逮捕される恐れはあまりないと考えられます。

また、オンラインカジノで得た利益を出金する場合、銀行などに記録が残りますが、その記録を元に逮捕される事例も今のところないようです。

しかし、SNSやブログを使ってベラジョンカジノでのユーザー名や勝敗などを公表していると、違法と判断された場合に、逮捕されやすくなってしまうかもしれません。

気にする場合は、あまりプレイ結果や名前などを公表しないことをおすすめします。


税金には気をつけましょう

オンラインカジノで利益が出た場合は、基本的に一時所得に該当します。

1年で50万以上の一時所得を獲得した場合、金額に応じて所得税などを納税しなくてはなりません。

必要な納税を行わないと脱税になります。

ベラジョンカジノでのプレイ自体は違法か合法かまだはっきりとしませんが、脱税は確実に犯罪です。

現状では、ベラジョンカジノでプレイすること自体が違法とされて逮捕されるよりも、ベラジョンカジノで利益が出たのに納税を忘れ逮捕されてしまうことの方が十分起こり得ます。

納税方法、金額の計算方法をしっかりと確認し、間違いなく納税するようにしましょう。


まとめ

ベラジョンカジノを日本でプレイするのは違法なのかについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 現状では逮捕者はおらず、違法かどうかはっきりしなくとも、逮捕される恐れはあまりない
  • スマートライブカジノ利用者、ドリームカジノ運営者が逮捕された例がある
  • 納税を怠ると脱税で逮捕される恐れはある

ベラジョンカジノは、違法ではないとはいいきれませんが、現状は逮捕者が出ていません。

しかし、他のオンラインカジノでの逮捕例ではSNSやブログから利用者を特定された例があるので、プレイ結果や名前などを公表しないようにしましょう。

1年で50万円以上の利益を得た場合は必ず納税するようにしましょう。