オンラインカジノ

ベラジョンカジノはイカサマをしているという噂を耳にしたことはありますか?

ベラジョンカジノでゲームを楽しんでいる人でイカサマの噂が気になっている人も多いと思いますので、ベラジョンカジノはイカサマをしているのか?イカサマはできるのか?について見ていきましょう。

ベラジョンカジノはイカサマをしている?イカサマが噂される理由

ベラジョンカジノはイカサマをしているか

ベラジョンカジノのライセンス認定

ベラジョンカジノはマルタ政府所有のMGA(Malta Gaming Authority)による規制を受けており、またMGAによるライセンス認定を受けています。

つまりベラジョンカジノは国に公平公正であることを認められて合法的に運営されています。


ベラジョンカジノのゲーム

ベラジョンカジノで提供されているゲームは、ベラジョンカジノ独自のゲームではなく、plain gamingやNETENTなどの外部のゲーム配信会社のゲームです。

ベラジョンカジノ公式にページに「私たちのオンラインギャンブル製品はランダムナンバージェネレーター(RNG)、その名前から推測できるように、数字をランダムに生成するシステムを使用しています。」と記述があります。

実際にこれらの会社のゲームはRNGを使用しており、外部の要素から結果を予測したり外部から結果を操作したりすることはできません


ベラジョンカジノはイカサマをしていない

ベラジョンカジノは、国による規制とライセンス認定を受けて運営されています。

そのため、イカサマをすることは困難です。

また、提供されているゲームは、他社のものであるため、ベラジョンカジノが手を加えることも困難です。

仮にイカサマが行えるようなプログラムを開発・使用すると、かえって莫大なコストがかかるため、実現は難しいです。


ベラジョンカジノでイカサマが噂される理由

しかし、インターネット上では、ベラジョンカジノでイカサマが行われているかのような噂や書き込みなどが見受けられます。

これには主に二つの理由があると考えられます。

一つは、単純に負けてしまった人が、それをイカサマのせいにしていることで、もう一つは、ベラジョンカジノが日本人向けのオンラインカジノで特にメジャーであることです。


負けた人がイカサマのせいにしている

基本的にオンラインカジノを含めあらゆるギャンブルは、運営者に有利な条件で行われます。

プレイヤー全体と運営者で比べると、運営者が勝つようにできています

そのため、個人単位では必ず負ける人が出ます。

オンラインカジノへのイメージなどから、負けた人がイカサマのせいにしている可能性があります。


日本人に人気のオンラインカジノなので負ける日本人が多い

また、ベラジョンカジノは日本語対応や、サポートの充実度合いなどから、日本人向けのオンラインカジノの中で特に有名です。

そのため、ベラジョンカジノでプレイする日本人が、他のオンラインカジノでプレイする日本人より多くなると考えられます。

その結果、ベラジョンカジノで負ける日本人が、他のオンラインカジノで負ける日本人よりも増えて、他のオンラインカジノよりも多くのイカサマの噂が書き込まれると考えられます。


ベラジョンカジノでイカサマはできる?

「ベラジョンカジノはイカサマをしている?イカサマが噂される理由」でベラジョンカジノがイカサマを行っていないことと、その理由を紹介しました。

では、プレイヤー側がイカサマを行うことはできるでしょうか。

プレイヤーによるイカサマは、ソフトウェアへの干渉と、プレイヤー同士の共謀があります。


ソフトウェアへの干渉はできるか

オンラインカジノ

高度な技術があれば、技術的にはソフトウェアに干渉して、ゲームの結果を操作することは不可能ではないかもしれません。

しかし言うまでもなく、このような不正行為は禁止されています。

実際に利用規約に、「Dumarcaはゲームプレイをゆがめる様なデバイス(例:ロボットなど)の使用を一切禁止します。」と記述があります。


プレイヤー同士の共謀はできるか

カジノとプレイヤーの勝負で、共謀することは一見不可能ですが、ボーナスの悪用やマネーロンダリングのために、共謀が行われる可能性があります。

具体例であるイーブンベットを紹介します。


イーブンベットとは

イーブンベットは、バカラでプレイヤーとバンカーの両方に賭けることなど、ほとんど資金を減らすリスクを負わない賭け方を指します。

バカラでプレイヤーとバンカーに同じ金額を賭ける場合を計算してみましょう。

全体での損益は、プレイヤーが勝つとプラスマイナスゼロ、バンカーが勝つと賭け金額の2.5%のマイナス、タイ(引き分け)だとプラスマイナスゼロです。


イーブンベットが規制されている理由

イーブンベットを行うことで、ほとんど資金を減らすリスクを負わずに、入金した金額分の賭けを行うことができます。

そのため、イーブンベットはマネーロンダリングに使われる恐れがあります。

また、低リスクでボーナス出金条件を達成するためにも、使われる可能性もあります。

これらの理由からイーブンベットは禁止・規制されていることが多く、イーブンベットを行うとマネーロンダリングを疑われる場合もあります。


共謀でのイーブンベット

二人以上で共謀することで、実質的なイーブンベットを行うことが可能です。

例えばライブバカラで一人がバンカーに、もう一人がプレイヤーに賭けることができます。あるいは、二人で常に反対の賭け方をすることもできます。

これらのプレイで、ボーナスを悪用したりマネーロンダリングにオンラインカジノを使ったりすることが理論上可能です。


共謀は厳禁

もちろんマネーロンダリングもプレイヤー同士の共謀も利用規約で禁止されています。

プレイヤー同士の共謀に関しては、利用規約に「4Dumarcaはユーザー同士の共謀は一切禁止します。」との記述があります。

また、マネーロンダリング防止のために、すべてのプレイは確認されています。

利用規約には「Dumarcaはマネーロンダリング防止条例とそれに関する法律に従って、マネーロンダリングの疑いがあった場合、ユーザーのアカウントを保留、ブロック、または閉鎖し、資金を差し押さえることがあります。」と記載されています。

不正行為は絶対に行わないようにしましょう。


まとめ

オンラインカジノ

ベラジョンカジノのイカサマの噂について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 国による規制とライセンス認定を受けて運営しておりイカサマはできない
  • 日本でメジャーで日本人で負けるプレイヤーが多くイカサマの噂も広がりやすい
  • プレイヤー側がイカサマを行うのも禁止

ベラジョンカジノは国に公平公正であることを認められていて、実質的にイカサマを行うことはできない。

日本語対応なども行っており、他のオンラインカジノと比べてもベラジョンカジノの日本人の利用者が多いため、ベラジョンカジノで負けた人がイカサマの噂を流していると考えられます。

プレイヤー側がイカサマを行う行為も絶対にやめましょう。