ルーレットのマンシュリアン法のやり方と注意点

ルーレットでは、様々な戦略を利用できます。

中でもマンシュリアン法は、負けるたびに賭ける場所を増やして勝率を上げる方法です。

では、具体的にはどのように実践するのでしょうか。また、注意点などはあるでしょうか。

気になるルーレットのマンシュリアン法のやり方と注意点を解説します。


ルーレットのマンシュリアン法のやり方と勝率

ルーレットのマンシュリアン法のやり方

ルーレットのマンシュリアン法のやり方

マンシュリアン法のやり方は少し複雑です。

負けるごとに賭ける場所と賭け金額を増やして、勝った場合には最初に戻ります。

1ゲーム目は、コーナーベットを1か所選んで賭けます。

コーナーベットは4個の隣り合う数字に賭ける方法で、4個の数字が隣り合う線上が賭ける場所です。

以下では、負けた場合の流れを記載します。


2ゲーム目

1ゲーム目に負けた場合は、1ゲーム目で賭けたコーナーベットに加えて、1ゲーム目で出た数字を含むコーナーベット1か所にも賭けます。

各コーナーベットに賭ける金額は、どちらも1ゲーム目と同じです。

例えば1ゲーム目で1ドルを賭けた場合は、2ゲームでも2か所に1ドルずつ賭けます。この例の2ゲーム目では、合計賭け金額が2ドル(2か所×1ドル)です。


3ゲーム目と3ゲーム目以降

2ゲーム目に負けた場合は、2ゲーム目で賭けたコーナーベットに加えて、2ゲーム目で出た数字を含むコーナーベット1か所にも賭けます。

各コーナーベットに賭ける金額は、どちらも2ゲーム目の2倍の金額です。

例えば2ゲーム目で2か所に1ドルずつ賭けた場合は、3ゲーム目では3か所に2ドルずつ賭けます。

この例の3ゲームでは、合計賭け金額が6ドル(3か所×2ドル)です。

3ゲーム目でも負けた場合は、ずっと同じルールに従って賭ける場所、賭け金額を増やします。

賭ける場所は、前回賭けたコーナーベット+前回出た数字を含むコーナーベット1か所です。各コーナーベットに賭ける金額は、前回の2倍です。


ルーレットのマンシュリアン法の勝率

ルーレットのマンシュリアン法の勝率

ルーレットのマンシュリアン法の確率は、ゲーム数を重ねるごとに増えていきます。

今回はヨーロピアンルーレットかフレンチルーレットの場合、コーナーベットでカバーする数字に重複がない場合、の勝率を記載します。

1ゲーム目では4個の数字をカバーします。そのため、勝率は約10.81%(4/37)です

2ゲーム目以降は、カバーする数字が4個ずつ増えていきます。

そのため、勝率は2ゲーム目で約21.62%(8/37)、3ゲーム目で約32.43%(12/37)、4ゲーム目で約43.23%(16/37)、5ゲーム目で約54.05%(20/37)です。

6ゲーム目では約64.86%(24/37)、7ゲーム目では約75.68%(28/37)、8ゲーム目では約86.49%(32/37)です。

なお、アメリカンルーレットでは数字が38個あるため、勝率が下がります。


ルーレットのマンシュリアン法を実践する際の注意点

ルーレットのマンシュリアン法を実践する際の注意点

マンシュリアン法はユニークで面白い戦略ですが、実践する場合には重要な注意点があります。

具体的には、連敗時の利益と損失、プレイ金額上昇の急激さが重要です。

また、はじめに選択するコーナーベットの場所、追加で選択するコーナーベットの場所、0が出た場合の対処にも注意が必要です。


連敗時の利益と損失

マンシュリアン法では、5連敗するまでに1勝でもすると利益が出ます。

しかし、5連敗以上してしまうと、勝っても累計では損失が発生してしまいます。

さらに8連敗すると、その時点でマンシュリアン法は失敗です。以降はいくらプレイを続けても、続ければ続けるほど損失が増えていきます。

なお、5連敗時点の損失は最初に賭けた金額の65倍で、8連敗時点の損失は最初に賭けた金額の897倍です。連敗時点のやめ時をしっかり設定して実践しましょう。

基本的には5連敗をやめ時にすることがおすすめです。


プレイ金額上昇の急激さ

プレイ金額上昇の急激さ

前述のとおりマンシュリアン法で2連敗すると、3ゲーム目以降では賭ける場所を1か所増やして、1か所に賭ける金額は前回の2倍にします。

そのため、1敗ごとに2~3倍のペースで賭け金額が上昇していきます。

マーチンゲール法以上の急激さで、プレイ金額の上昇が急激なこと自体に注意が必要です。

また、プレイ金額の上昇が急激なため、利益に対して戦略に必要な資金が高額な点、賭け金額の上限に達すると戦略を続けることができない点も考慮しましょう。


選択、追加するコーナーベットの場所

数字によって異なりますが、1個の数字を含むコーナーベットは1~4種類あります。

コーナーベットで賭ける数字に重複があるとカバーできる数字少なくなり、勝率が減ってしまいます。

そのため、はじめに選択するコーナーベットも、追加するコーナーベットも重複しにくい場所を選んでいきましょう。

なお、重複すると勝率が下がってしまうデメリットがありますが、重複した数字に当たると賞金が増える点はメリットです。

しかし、マンシュリアン法自体が連敗時の損失が大きい戦略のため、できるだけ重複させないことをおすすめします。


0が出た場合の対処

0が出た場合は、0を含むコーナーベットを利用します。

0を含むコーナーベットは、通常のコーナーベットとチップの置き方が違う点に注意しましょう。

なお、アメリカンルーレットでは、0を含むコーナーベットはありません。また、00を含むコーナーベットもありません。


まとめ

まとめ

ルーレットのマンシュリアン法のやり方と注意点について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • マンシュリアン法は、負けるごとに賭ける場所と金額を増やしていく戦略
  • 5連敗以上すると勝っても累計では損失が発生して、8連敗するとその時点で戦略は失敗
  • 連敗時にプレイ金額が2倍以上のペースで上昇するため、注意が必要

マンシュリアン法は、負けるごとに勝率を上げていくユニークで面白い戦略です。

しかし、連敗が続くと勝っても損失が出てしまう点や、8連敗で完全に失敗してしまう点など、デメリットもあります。

また、実践時にはマーチンゲール法以上のプレイ金額上昇リスクもあります。

やめ時を5連敗に設定して、デメリットを抑えた実践がおすすめです。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら



インターカジノ

インターカジノは1996年から運営している歴史の長いオンラインカジノで、株式上場もしています。

ほとんど途切れることなく様々なイベントを開催していて、イベントに参加することでボーナスや高額賞金を獲得するチャンスがあります。

信頼できるオンラインカジノで楽しくプレイしたい人は、インターカジノがおすすめです。

インターカジノの詳細はこちら



カジ旅

カジ旅はRPGをプレイしているように遊べる、ユニークなオンラインカジノです。

カジノゲームをプレイすることで冒険が進んでいき、ボスを撃破すると、ボーナスの購入に利用できるルビーや、フリースピンが手に入ります。

初回入金ボーナスのフリースピン回数が多いことも特徴で、一度プレイしてみて世界観や遊び方が気にいる人ははまるカジノです。

カジ旅の詳細はこちら