カジノというと、ヤクザや裏社会とのつながりが取り沙汰されることが多いため、オンラインカジノの運営会社がどこなのか気になる人も多いと思います。

オンラインカジノは多くありますが、どのような運営者、運営会社が多いのか、また日本の運営会社は存在するのかなどを見ていきたいと思います。

オンラインカジノの運営者は誰?

レストランや一般企業と違い、オンラインカジノを運営している人が誰なのか分からないという人を多く見かけることがあります。

公営ギャンブルやパチンコ店の運営者は調べることで分かりますが、オンラインカジノでは調べてもなかなか出てこないものです。

しかし、オンラインカジノは他のギャンブルと比べて多額のお金をやり取りすることもあるため、運営者がどのような存在なのか、その背後に暴力的な関係者がいないのか、などの点は知っておきたいポイントです。

オンラインカジノは国のライセンスを受けているケースが多く、オンラインカジノのページを運営している会社と、ゲームソフトを提供している会社、決済を管理している会社などが集まることで、オンラインカジノは構成されています。


日本にオンラインカジノの運営会社は存在しない

また、日本では公営ギャンブル以外がグレーゾーンのギャンブルにあたるため、オンラインカジノの運営会社は存在していません。

それでは、どこの国のライセンスを持っているのでしょうか。多くのオンラインカジノは、英国からのライセンスを受けていることが多く、国としての知名度から安心することができます。

インターネット上でおすすめされているオンラインカジノであれば、安心して楽しむことができますが、悪質なオンラインカジノである場合、背後には黒い影がチラつくこともあります。

そのような危険なケースを避けるためにも、オンラインカジノの運営者はもちろん、きちんとライセンスを受けているオンラインカジノで遊ぶようにしましょう。

余談ではありますが、カジノ経営にはホテルで有名な「ヒルトングループ」や、航空会社や金融など、多くの分野に進出している「ヴァージングループ」も参戦しています。

加えて、カジノゲームのソフトを作っている会社は、各国の株式市場に上場していることが多く見られます。

このように、しっかり作られているオンラインカジノには黒い影を感じる隙はなく、安心して楽しめるようになっています。