オンラインカジノの戦略に「ウィナーズ投資法」があります。

「ウィナーズ投資法」とは実際どのような戦略で、具体的にどんなゲームでどう実践すれば良いのでしょうか。

今回はパーレー法(逆マーチンゲール法)のやり方と注意点をご紹介いたします。

パーレー法(逆マーチンゲール法)のやり方と注意点

パーレー法(逆マーチンゲール法)とは

パーレー法とは逆マーチンゲール法の名前通り、マーチンゲール法の反対のプレイをする戦略です。

マーチンゲール法は「負けるたびに賭け金額を2倍する」戦略でしたが、パーレー法は「勝つたびに賭け金額を2倍にする」戦略です。

マーチンゲール法と同じく「約2分の1の確率で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」で使うことができます。

連勝するごとに利益の増え方が倍々になります。

しかし何連勝していても1度でも負けてしまうと、その時点でそれまでの利益をすべて失ってしまいます。

しっかりと自分でやめ時を決めなくてはなりません。

パーレー法の実践方法

パーレー法を実践するためには約2分の1の確率で勝てて2倍の払い戻しのある勝負が必要です。

この条件に該当するのはヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラなどがあります。

自分好みのゲームを選択しましょう。

選択したら下記の注意点を読んだ上で、実践してみましょう。

パーレー法の注意点

オンラインカジノ

パーレー法は連勝時に利益分を追加して賭けを繰り返す戦略です。

なのでマーチンゲール法と違って、自分の資金が不足してしまって戦略を続けられなくなることはありません。

連勝が続くと賭け金額の上限に達してしまう場合もありますが、その場合でも損失が発生するわけはないので問題ありません。

しかしパーレー法でも気を付けなければいけないことがあります。

パーレー法を実践する場合には、やめ時や賭け金額の制限に注意が必要です。

いつやめるか決める必要がある

勝つごとに賭け金額を倍にすることは、毎回連勝で獲得した利益のすべてを賭けることです。

つまり連勝中に負けてしまうと、連勝数に関わらず連勝中に獲得した利益は全部失われてしまいます

連勝が続いて大金での勝負になると、そこで終了するか、勝負を継続するかの判断は難しくなります。

あらかじめ目標利益を決めたり、何連勝したらやめるかを決めておくとプレイしやすくなります。

ボーナスによる制限

ボーナスがアカウントにある時に、一部のゲームのプレイを制限しているオンラインカジノもあります。

例えばバカラが制限ゲーム(ボーナスがある時にプレイすることが禁止されているゲーム)に指定されている場合は、バカラで遊ぶこと自体ができません。

1度に決まった金額以上賭けることが禁止されている場合もパーレー法は使えません。

禁止されていなくても決まった金額以上のプレイだと、出金条件にカウントされない場合もあります。

ボーナスの出金条件には特に注意しましょう。

まとめ

パーレー法(逆マーチンゲール法)について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 連勝時に利益分を追加して賭けを繰り返す戦略
  • ヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラなどのゲームで実践可能
  • 一度でも負けると獲得した利益は全部失われてしまう

パーレー法(逆マーチンゲール法)は「勝つたびに賭け金額を2倍にする」戦略で、リスクが少ない戦略といえます。

「約2分の1の勝率で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」で使うことができ、得意なゲームで挑戦しましょう。

リスクは少ない戦略ですが、一度でも負けると利益が全部無くなってしまうので、やめどきをルール化して、せっかくの利益を失ってしまわないように注意しましょう。