オンラインカジノの戦略に「モンテカルロ法」がありますが、どのような戦略で、具体的にどんなゲームでどう実践すれば良いか気になる人も多いと思います。

今回はモンテカルロ法のやり方と注意点をご紹介いたします。

モンテカルロ法のやり方と注意点

モンテカルロ法とは

モンテカルロ法はココモ法よりもさらに賭け金額の上昇が緩やかです。

しかしマーチンゲール法やココモ法とは違って、1度勝てば損失を回収して利益を出せる戦略ではありません

モンテカルロ法の賭け方

モンテカルロ法の賭け金額の計算は複雑です。

紙のメモやエクセルを使うと便利です。

「約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」で使う場合

はじめに1、2、3と数字を書きます。

両端の数字を足した金額を賭けます。

勝った場合は、両端の数字を消します。

負けた場合は、右端に賭けた金額を書き足します。

これを残りの数字が1つ以下になるまで続けます

具体例

はじめに1、2、3と数字を書くので、最初の賭け金額は左端の1と右端の3の合計の4ドルです。

勝負に勝った場合は、1と3を消します。

残りの数字は、2だけになります。

数字が2つないと賭けを続けられないので、ここで終了して最初のステップに戻ります。

勝負に負けた場合は、4を右端に書き足します。すると数字は1、2、3、4になります。

次の賭けは両端の1と4の合計の5ドルになります。

この勝負に勝ったとすると、両端の1と4を消して、数字は2、3になります。

次は両端の2と3の合計の5ドルを賭けます。

このように賭けていきます。

実際にメモに書き込んだり、エクセルで記録してみるとわかりやすいでしょう。

最初の賭け金額を10ドルではじめたい場合は、書いた数字の10倍の金額を賭けるか、最初に書く数字を、10、20、30にすれば良いです。

「約1/3で勝てて3倍の払い戻しのある勝負」で使う場合

基本的な手続きは上記の「約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」場合と同じです。

しかし、勝った場合に両端の数字だけを削除するのではなく、両端から2個ずつ数字を削除します。

例えば数字が3、4、5、8、11、14の時に17ドル賭けて勝った場合は、左端から2つの3と4と右端から2つの11と14を削除します。

削除すると数字は5、8になります。

モンテカルロ法のやり方

モンテカルロ法を実践するためには約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負か約1/3で勝てて3倍の払い戻しのある勝負が必要です。

この条件に該当するのはヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラなどがあります。

自分好みのゲームを選択しましょう。

上述の通り、計算が複雑になるので数字を書くためのメモ帳やパソコンのソフトウェアがあると便利です。

準備が済んだら、上記の例のようにプレイするだけです。

モンテカルロ法の注意点

モンテカルロ法を実践する場合には、収支や手続きについて注意が必要です。

終了後の収支

モンテカルロ法は1度で損失を回収できる戦略ではありません。

モンテカルロ法で数字が1つかなくなるまでプレイしても、いくらか損失が発生してしまう場合もあります。

手続きの手間

手続きや計算が煩雑なため、向き不向きがあります。

数学的で理論的な戦略なので、手続きや戦略を利用している感覚を楽しめる人にはおすすめです。

数字が増えてしまう場合

約1/3で勝てる勝負の場合は、約1/3回に1回4つずつ数字が消えていくので、あまり数字が増えすぎることはありません。

約1/2で勝てる勝負の場合は、約1/2回に1回2つずつ数字が消えていくので、どんどん数字が増えてしまう場合があります。

数字が増えすぎてしまったら切り上げてしまうことも考えましょう。

もちろん約1/3の勝負でも必ず数字が減っていくわけではないことは、考えておかなくてはいけません。

ボーナスによる制限

オンラインカジノによっては、ボーナスがアカウントにある状態だと一部のプレイを制限されます。

例えばヨーロピアンルーレットが制限ゲーム(ボーナスがある時にプレイしてはいけないゲーム)に指定されている場合、ヨーロピアンルーレットで遊ぶこと自体ができません。

1度に決まった金額以上賭けることが禁止されている場合もモンテカルロ法は使えません。

禁止されていなくても決まった金額以上のプレイだと、出金条件にカウントされない場合もあります。

ボーナスの出金条件には特に注意しましょう。

まとめ

モンテカルロ法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 1度で損失を回収できる戦略ではない
  • ヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラなどで実践可能
  • 計算が複雑なので数字を書くメモ帳やソフトウェアがあると便利

モンテカルロ法はココモ法よりもさらに賭け金額の上昇が緩やかで、リスクが少ない戦略です。

「約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」か「約1/3で勝てて3倍の払い戻しのある勝負」で使うことができ、得意なゲームで挑戦しましょう。

リスクは少ない戦略ですが、計算が複雑なため向き不向きがあります。

やめどきをルール化して、せっかくの利益を失ってしまわないように注意しましょう。