グランマーチンゲール法

カジノの攻略法、手法の一つに「グランマーチンゲール法」があります。

どのような手法なのか、また勝率は高いのか、どのような注意点があるのかなど、グランマーチンゲール法の特徴や注意点を見ていきたいと思います。


グランマーチンゲール法のやり方と注意点

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法はギャンブルで使うことができる攻略法の一つとして人気があり、必勝法とは言えませんが、実践している人は多くいます。

グランマーチンゲール法は負けてしまった時に使える攻略法として知られ、やり方が非常にシンプルであることが人気の秘密です。

気になるやり方は「勝つまで掛け金を2倍にして、それに加えて1ドル上乗せして賭け続ける」たったこれだけです。

具体的なやり方としては「1ドル賭けて負けたら次のゲームでは3ドル、そのゲームでも負けたら5ドル…」など、勝つまで掛け金を2倍にして、それに加えて1ドル上乗せして賭け続けるというものです。至ってシンプルなのではないでしょうか。

一度勝利することで、必ず残高を増やすことが可能なので、負ける回数が多くなるほど獲得できる金額が大きくなる点が、グランマーチンゲール法の特徴になります。


グランマーチンゲール法が使えるゲーム

グランマーチンゲール法

この攻略法を使用することで効果を見込めることができるゲームは、主にテーブルゲームが中心で「ルーレット」や「バカラ」はもちろん「ブラックジャック」などで使用することができます。

グランマーチンゲール法は勝率約50%で勝てるゲームであればその効果に期待することができるため、この攻略法を知っているだけでカジノゲームをする際の強みになります。

万能な攻略法に見えるグランマーチンゲール法にも弱点はあり、使用できないカジノゲームも複数あります。

それは、獲得額が変動するスロットやビデオポーカーなどです。また、ルーレットで使用する際も、赤・黒で賭けるか、奇数・偶数で賭けるなど、勝率50%のルールを守ることが重要です。


グランマーチンゲール法の注意点

グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法最大の弱点は、テーブルの賭け金上限を超えると使うことができない点です。

賭け金上限に達してしまうと、グランマーチンゲール法を使用している途中で使えなくなってしまうため、注意しましょう。

また、負け続けると賭ける金額も大きくなっていくため、 3回負けたら賭け金を1に戻すなど、自分でルールを決めていくことで、より上手く使用することができます。


まとめ

グランマーチンゲール法のやり方や注意点を見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • グランマーチンゲール法は負けてしまった時に使える攻略法
  • 勝つまで掛け金を2倍にして、それに加えて1ドル上乗せして賭け続ける
  • テーブルの賭け金上限を超えると使うことができない

グランマーチンゲール法は、勝つまで掛け金を2倍にして、それに加えて1ドル上乗せして賭け続ける手法で、負けてしまった時に使えるシンプルな投資法として人気です。

掛け金を2倍にしていくことで、一度勝てばそれまでの負け分をすべて取り戻すことができプラス収支となるため、勝ち負けの確率が50%程度の連敗の少ないゲームで効果を発揮します。

ただし、テーブルの掛け金上限を超えると使うことができなかったり、負け続けて終わると大きなマイナスとなりますので、その点は注意する必要があります。

万能の手法はありませんので、自分の状況にあわせてグランマーチンゲール法などの攻略法、手法をうまく活用して収支をプラスにしていきたいですね。