オンラインカジノ

オンラインカジノの戦略に「ベアビック法」がありますが、どのような戦略で、具体的にどんなゲームでどう実践すれば有利なのか気になる人も多いと思います。

今回はベアビック法のやり方と注意点をご紹介いたします。

ベアビック法のやり方と注意点

ベアビック法とは

オンラインカジノ

ベアビック法はルーレットで使える戦略で、ヨーロピアンルーレットでは「約94.5%もの勝率がある」戦略です。


ベアビック法の賭け方

ベアビック法では、35個の数字に同じ金額ずつ賭けます。

ヨーロピアンルーレットでの勝率は37分の35のため、前述のとおり約94.5%です。

アメリカンルーレットでの勝率は38分の35のため、約92.1%になります。


具体例

ベアビック法をヨーロピアンルーレットで使う場合を考えます。

1~35の35か所に1ドルずつ賭けるとします。

賭け金額の合計は35ドルです。

1~35のどこかに当たった場合は、1か所に賭けた場合の払い戻しは36倍のため、36ドルの払い戻しがあります。

合計で35ドル賭けているので、利益は1ドルで、元の賭け金額に対して約2.8%になります。

0か36に当たった場合のみ負けで、35ドルすべてを失うことになります。


ベアビック法の実践方法

ベアビック法はルーレット用の戦略です。

はじめにどのルーレットで実践するか決めましょう。

好みのルーレットを選んだら、後は上記の具体例のようにベットするだけです。


ベアビック法の注意点

ベアビック法を実践する際には、利益率の低さやオンラインカジノの対応を考慮する必要があります。


利益率の低さと負けた場合の損失

勝率は極めて高いですが、その分1回当たりの利益率は非常に低いです。

もしベアビック法の負けを賭け金額を変えずにベアビック法だけで取り返そうとすると、35勝しなくてはなりません。

また負ける確率がこれだけ低くても、負けてしまう場合もありうることも考えなくてはいけません。


賭け金額の大きさ

ベアビック法では35か所にベットするので、少なくとも最低賭け金額の35倍の資金が必要です。

多くの場合、ルーレットの最低賭け金額は1ドルのため、35ドル必要になります。

さらにルーレットの賭け金額は1ドル刻みのことが多く、ベアビック法の賭け金額を上げたい場合は、35ドル単位で上げなくてはならないことにも注意が必要です。


オンラインカジノの利用規約

オンラインカジノはマネーロンダリングへの対策を行っています。

ベアビック法は負ける確率が非常に低いことと、一度に賭ける金額が大きいことからマネーロンダリングを疑われてしまう可能性があります。

ベアビック法をメインの戦略に使いたい場合など、ベアビック法を数多く行う場合には、利用規約を確認したり、サポートに連絡を取ると良いでしょう。


独立事象に注意

ベアビック法では、賭ける場所を決めるよりも、賭けない場所を決める側面が強いです。

賭けない場所を決める時にありがちなのは、「前回当たった場所には賭けない」方法です。

直感的には連続で同じところに落ちることはなさそうですが、ルーレットで前回のゲームの結果が次の結果に影響を与えることはありません。

賭けない場所を決める目安にすることには向いていますが、過信しないようにしましょう。


ボーナスによる制限

ボーナスがアカウントにある時に、一部のゲームのプレイを制限しているオンラインカジノもあります。

例えばバカラが制限ゲーム(ボーナスがある時にプレイすることが禁止されているゲーム)に指定されている場合は、バカラで遊ぶこと自体ができません。

一度に決まった金額以上賭けることが禁止されている場合もベアビック法は使えません。

禁止されていなくても決まった金額以上のプレイだと、出金条件にカウントされない場合もあります。

ボーナスの出金条件には特に注意しましょう。


まとめ

ベアビック法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • ヨーロピアンルーレットでは「約94.5%もの勝率がある」戦略
  • ルーレットのみで実践可能
  • 勝率は極めて高いが、その分1回当たりの利益率は非常に低い

ベアビック法は利益率は低いがリスクが低い戦略です。

35か所にベットする戦略なので、最低賭け金額の35倍の資金が必要です。

やめどきをルール化して、せっかくの利益を失ってしまわないように注意しましょう。