オンラインカジノで賞金を獲得したのはいいけれど、もしかして税金がかかる?と不安に思っている人も多いかもしれません。

オンラインカジノの賞金は申告をしなければならないのか?いくらくらい勝てば申告の対象となるのか?申告をしなかった場合はどうなるのか?など、オンラインカジノの税金と確定申告の必要性についてご紹介いたします。

オンラインカジノの税金はどうなる?

オンラインカジノで勝った場合に税金はかかるか

オンラインカジノで利益を出した場合に、獲得した賞金は一時所得とみなされます。

一時所得は所得税等の税金の対象になるので、オンラインカジノで勝つと税金がかかります

一時所得は「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得で、労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時の所得」のことです。

具体例に「競馬や競輪の払戻金」があげられていることからも、オンラインカジノなどのギャンブルの獲得金も一時所得であると分かります。


一時所得の税金

会社から給料を受け取っている場合でも、所得税などの税金は支払っています。

しかし自分で手続きを行って支払う必要はありません。

会社が支払いを代わりに済ませて、その分の金額が受け渡される給料から天引きされているからです。

オンラインカジノで賞金を獲得した場合は、税金が天引きされることはありません。

そのため、必要書類を用意し、自分で確定申告を行って、支払うべき税額を支払う必要があります。


競馬や競輪の場合とオンラインカジノの場合の違い

競馬や競輪

競馬や競輪の払戻金が一時所得に分類されていますが、周囲にこれらのギャンブルでの勝利金を確定申告して税金を納めている人は少ない・いない、と思われる方もいるでしょう。

競馬や競輪、パチンコやスロットなどは、払い戻しが現金で行われて記録が残りにくく、利用者も非常に多いです。

そのため税務署が正確にこれらの所得を把握することは困難で、税金の支払いを免れているのが現状です。

そもそも税金の対象になることを知っている方が少ないことも考えられます。


宝くじ

宝くじの高額賞金は銀行で受け渡されますが、宝くじの当せん金は例外的に所得税の対象外と法律で決められています。

もちろん税金の支払いは義務ですが、オンラインカジノの入出金は履歴や記録がしっかりと残るため、確実に納税しなくてはなりません。


オンラインカジノの税金を確定申告する方法

オンラインカジノの賞金にかかる税金

オンラインカジノの獲得金は一時所得として扱われるため、所得税などがかかります。

所得税は所得に対してかかる税金で、所得金額次第で税率も変わります。

そのため、一時所得の金額を、給与などそれ以外の所得金額と合算して税額を計算しなくてはなりません。

この所得金額は1月1日から12月31日までの一年間で得た所得のことです。


一時所得金額の計算方法

一時所得は「総収入金額-収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)」で求められます。

算出した金額の半分が課税対象になります。

特別控除額があるため、利益が50万円以下であれば、税金を払わなくて良いことになります。


一時所得金額の計算での注意点

オンラインカジノ

総収入金額は、オンラインカジノをプレイして増えた金額の部分です。

例えば10,000ドルでプレイしはじめて、12,000ドルになった場合は2,000ドルが総収入金額です。

しかし収入を得るために支出した金額の計算には注意が必要です。

ほとんどの場合、2,000ドルを得るために支出した金額の全額が、収入を得るために支出した金額、になるわけではありません。

例としてすべてルーレットの赤に賭けた場合を考えます。

当たった場合の払い戻し金額は、賭け金額の二倍です。

1,000ドル、1,000ドル、2,000ドル、4,000ドルの順番に賭け、勝敗は勝ち、負け、負け、勝ちだったとします。

合計10,000ドルの払い戻しを受け、賭け金額の合計は8,000ドルです。

差額の2,000ドル分資金が増えています。

この場合、収入を得るために支出した金額になるのは5,000ドルだけです。

理由は、実際に払い戻しを受けた一回目と四回目に賭けた金額分のみ、収入を得るために支出した金額になるからです。

しかし、1ゲームごとの収支すべてを記録するのは困難なため、現実的には1日単位での収支などを利用しましょう。


必要書類の準備

一時所得の金額を計算するためには収支の記録が必要です。

カスタマーサービスに問い合わせると記録を送ってくれる場合がありますが、そうでなければ記録を取っておきましょう。

その他に特別な準備や方法は必要ありません。

計算した金額に基づき、確定申告を行いましょう。

具体的な確定申告の方法については国税庁ホームページ等をご覧ください。


オンラインカジノの税金を払わないとどうなる?バレる?

税金を払わなかったことがバレた場合

グランマーチンゲール法

払わなければいけない税金を払わないこと、つまり脱税は犯罪です。

脱税が判明した場合は当然罰則があります。

有罪になれば罰金か懲役、またはその両方が課せられます。

脱税の内容によって、本来払わなければいけない金額に上乗せで金額が追加されます。

また本来払わなければいけなかった時から、バレた時までの期間の利息のような金額も上乗せされます。


オンラインカジノの税金を支払わないとバレるか

オンラインカジノは記録が残る

競馬や競輪、パチンコやスロットなどは、払い戻しが現金で行われて記録が残りにくいです。

対してオンラインカジノは入出金の履歴がしっかりと残るため、バレやすいです。

またマイナンバーカードと銀行口座などの紐づけが進めば、さらにバレやすくなるでしょう。


現金で出金しない場合

オンラインカジノの入出金をクレジットカードおよびデビットカードで直接行う場合は、オンラインカジノと直接資金をやりとりします。

入出金をクレジットカード・デビットカード以外の決済サービスを介して行う場合は、オンラインカジノと決済サービス間、決済サービスと銀行やクレジットカード間で資金をやりとりします。

オンラインカジノから現金で出金する場合は、銀行に送金することになるので記録が分かりやすい形で残ります。

そこでオンラインカジノから現金で出金することなく、決済サービス内の資金を通販サイトなどでの支払いに充てるとします。

その場合は現金で出金するよりもバレにくくなるでしょう。

しかし通販サイトや決済サービス内にも記録は残ります。

また税金を逃れるために、現金での出金をしないで決済サービス内の資金を直接支払い等に充てている、と判断されてしまうことにもつながります。

そうなると悪質な脱税のケースとなるので、より重い罰則が科せられることになりかねません。


オンラインカジノで利益を得たら納税が必要

パチンコや公営ギャンブルでの利益は納税しないことがまかり通っているのに対し、オンラインカジノの利益は納税しなくてはならないことには不公平感があるかもしれません。

しかし納税は国民の義務であり、脱税は犯罪です。

しっかりと納税するようにしましょう。


まとめ

オンラインカジノ

オンラインカジノで利益を得たら確定申告は必要なのかについて見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 獲得した賞金は一時所得とみなされ税金がかかる
  • 1月1日から12月31日までの一年間で得た所得金額で計算する
  • 利益が50万円以下であれば税金を払わなくて良い

オンラインカジノで50万円以上の利益を得た場合は納税の義務があります。

確定申告を怠ってしまうと、脱税扱いになり、罰金または懲役ということにもなりかねません。

オンラインカジノで大きな利益が出た場合は、確実に納税しましょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら