オンラインカジノに興味がある人は、ギャンブル好きな人かと思いますので、パチンコやスロット好きな人もいると思います。

そういった人はオンラインカジノとパチンコにどのような違いがあって、どちらが勝てるのか気になると思います。

オンラインカジノとパチンコは勝ちやすさ以外にも様々な違いがありますので、オンラインカジノとパチンコの違いやそれぞれの良いところを見ていきたいと思います。

オンラインカジノとパチンコの違い

日本では主流のパチンコとスロット

日本で主流となっているギャンブルは「パチンコとスロット」で、オンラインカジノはあまり知られていないのが現状です。

日本のパチンコ・パチスロ店の数は、平成7年~平成23年で減少傾向にあるというデータもありますが、その知名度の高さはオンラインカジノの比ではありません。

パチンコ・スロットとオンラインカジノでは、まず知名度に違いが出てきてしまっていますが、その他の違いや、それぞれの良いところがあります。


オンラインカジノは24時間いつでもどこでもプレイできる

例えば、東京都の一般的なパチンコ店は、朝10時~夜22時45分前後まで遊ぶことができますが、オンラインカジノは、ネット環境があればいつでもどこでも遊ぶことができます。

また、パチンコ店は必ず外に出なければなりませんが、オンラインカジノは家の中で楽しめます。

現行のパチンコの大当たり確率は1/100~1/319程度になっていますが、オンラインカジノではゴミボーナス含み、約1/30です。


パチンコ、スロットには出玉制限がある

一日の勝ち額に関しても、パチンコ・スロットとオンラインカジノでは違いが出てきます。パチンコ・スロットは一日20万程度になりますが、オンラインカジノは億単位になることもあれば、30万程度が普通です。

勝ち額には個人差がありますが、パチンコ・スロットで20万勝つというのは難しく、実際に達成できる方は少ないでしょう。

このようにパチンコとオンラインカジノでは、勝てる金額に制限があるかどうかという違いがありまうs。


還元率(ペイアウト率)の違い

また、パチンコとオンラインカジノでは還元率(ペイアウト率)に違いがあるため、その点がオンラインカジノの最大のメリットとなります。

パチンコは約80%の還元率になりますが、オンラインカジノでは約95%の還元率になります。

最近ではオンラインカジノ間の競争が激しくなり、99%のペイアウト率となっているオンラインカジノもあります。

ギャンブルをやるからには勝ちたいという方にとっては、非常に魅力のある数値です。


オンラインカジノが向いている人

以上の違いから、オンラインカジノが向いている人は「ギャンブルで勝ちたい人」や「好きな時間に楽しみたいという人」になります。


パチンコ・スロットが向いている人

反対に、パチンコ・スロットが向いている人は「分かりやすいゲーム性で、簡単に遊べる身近なギャンブルを楽しみたい人」や「配当率に違いがあっても楽しめればそれで良い人」といえます。