日本では賭博が禁止されているというのは、ご存知の方が多いのではないでしょうか。

オンラインカジノに興味を持って登録し、遊んでみたいと思っていたとしても、刑法上の罰則があるため、心配で踏み切れないという方がいるかもしれません。

このあたりは繊細な点なので、気にしている方も多いのが現状です。


日本でオンラインカジノはプレイしても大丈夫?

しかし、オンラインカジノは繁華街などにある闇カジノや、インカジと呼ばれる違法なカジノではありません。

私たちが普段目にする違法カジノやネットカジノ摘発のニュースは、普通のオンラインカジノとは全く違うものなので、混同しないようにしましょう。

完全に賭博罪となる闇カジノやネットカジノは、繁華街にあるマンションや雑居ビルの一室で行われていることが多いです。

このようなところで賭博場を開いたり、賭博に参加したりしていると、日本の刑法で罰せられることになります。

日本で賭博罪が成立するには、日本国内に「胴元」と呼ばれる主催者と、「張子」と呼ばれる参加者の2名がいなければなりません。

つまり、両名が日本で違法状態でなければ、刑法上の罪には問われることはありません。

闇カジノなどは日本国内に胴元が存在していて賭博場を開いており、賭博をしている張子も存在するため、賭博罪に当てはまるため犯罪となります。


オンラインカジノは世界的企業が運営元になっている

対してオンラインカジノはどうでしょうか?

こちらは闇カジノなどの胡散臭いものではなく、世界的に見れば株式上場をしている企業もあり、事業展開をしっかりしている業界です。

なので、法律的にオンラインカジノの運営を行ってもいい国で、インターネットを介して運営することができています。

そうなると、日本の賭博罪になる要件を満たしませんし、日本国内でオンラインカジノを運営しているわけではないので、オンラインカジノ側が犯罪になることもありません。

このことから、現時点の日本ではオンラインカジノを規制することや、それに対する罰則もないため、オンラインカジノが違法であるとは考えにくい状態です。

「違法であると考えにくい」という微妙な言い回しになってしまう点が苦しいところではありますが。。

現在、日本国内でのオンラインカジノのプレイ人数は50万人ほどです。このプレイ人数の中で、オンラインカジノをプレイしているからといって問題になったり、提起をされたりして、行政からなにか言われたことがある人はいません。


オンラインカジノで遊んでいても捕まらない公務員

また、こんなニュースもありました。

それは、職務時間中にオンラインカジノをプレイしていて公務員の方が退職をしたというニュースです。

もしオンラインカジノが違法だとしたら、即刑法上の問題となるはずです。つまり逮捕されるはずです。

それも公務員であればなおさらの話です。

この話から、オンラインカジノに対する行政の認識がうかがえるのではないでしょうか。

そして、日本国内でオンラインカジノのプレイは禁止という法律が施行される場合、その時点で報道されたり話題になったりなど、なんらかのアナウンスがあります。

オンラインカジノ側も日本人のプレイヤーに対してサイトを利用できなくなる旨を知らせて、実際に利用できなくなることでしょう。

オンラインカジノ禁止」という法律ができたときにやめればいいだけの話であり、現時点ではオンラインカジノをプレイしてはいけないわけではありません。

もちろん上記のようなグレーな部分があることは理解して、常に情報収集をしたり、勝っても派手に自慢しないなどの自己防衛は最低限行う必要があります。