インターカジノの出金方法はいくつかあります。

出金方法によって手数料かかるものがありますが、具体的にどの出金方法を利用すると手数料がどの程度かかるのか気になる人も多いと思います。

今回はインターカジノで出金手数料がかかるケースと出金方法ごとの違いについて見ていきます。

インターカジノで出金手数料がかかるケースと出金方法ごとの手数料

インターカジノで出金手数料がかかるケース

登録ボーナス

インターカジノで出金手数料がかかるケースは少なく、無制限のキャッシュの出金条件を満たす前に出金するケース、為替手数料がかかるケースの2ケースのみです。


無制限のキャッシュの出金条件達成前に出金するケース

入金ボーナスを利用せずに入金した金額が「無制限のキャッシュ」です。

無制限のキャッシュを出金するためには、入金した金額と同額の賭けを行う必要があります。

これは、マネーロンダリング防止のための措置で、ほとんどのオンラインカジノで同様の条件が課せられています。

インターカジノでは、この出金条件を満たしていなくても、出金手続きを行うこと自体はできます。

しかし、出金手続きが承認されて出金処理が行われる場合は、出金額の30%分が手数料で徴収される可能性があります。

利用規約にも、「Dumarcaは、入金額分の賭けが行われる前の引き出しが許可された場合、出金申請額の30%に当たる手数料を課す権利を有します。」と明記されています。


為替手数料がかかるケース

インターカジノからの出金には、エコペイズ、iWallet、ビーナスポイントが使えます。

2017年12月12日の時点で、インターカジノのアカウント通貨は、米ドルのみ選択可能です。

そのため、出金方法のアカウント口座で扱っている通貨が米ドル以外だと、為替手数料がかかることになります。

ビーナスポイントでは、資金が「ポイント」で管理されますが、1ポイントは1ドル相当のため為替手数料はかかりません。

通貨が米ドル以外のエコペイズかiWalletを出金に使用すると、為替手数料がかかります。


エコペイズの場合

エコペイズの為替手数料は、「通貨換算手数料」です。

エコペイズの会員ランクによって手数料率は異なります。

上位の会員ランクほど手数料率が下がり、最小で1.25%、最大で2.99%です。


iWalletの場合

iWalletでは、通貨の換算がiWallet指定のレートで行われます。

このレートに手数料が含まれます。


まとめ

登録ボーナス

インターカジノでの出金手数料について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 出金方法はエコペイズ、iWallet、ビーナスポイントでインターカジノ自体の出金手数料はない
  • エコペイズやiwallet口座の通貨が米ドル以外の場合は為替手数料がかかる
  • エコペイズでは会員グレードに応じた換算手数料がかかる

インターカジノからの出金方法は複数あります。

インターカジノのアカウントで使われる通貨は米ドルなので、ecoPayz、iwalletの通貨も米ドルに設定しておくと為替手数料がかからないためおすすめです。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら