オンラインカジノ

エンパイアカジノはイカサマをしているという噂を耳にしたことはありますか?

エンパイアカジノでゲームを楽しんでいる人でイカサマの噂が気になっている人も多いと思いますので、エンパイアカジノはイカサマをしているのか?イカサマはできるのか?について見ていきましょう。


エンパイアカジノはイカサマをしている?イカサマが疑われる理由

エンパイアカジノはイカサマをしているか

エンパイアカジノのライセンス認定

登録ボーナス

エンパイアカジノはフィリピン政府所有のCEZA(Cagayan Economic Zone Authority)のライセンス認定を受けています。

つまりエンパイアカジノは国に公平・公正であることを認められ、合法的に運営されています。


エンパイアカジノのゲーム

エンパイアカジノで提供されているゲームは、エンパイアカジノが独自に開発・提供しているゲームではなく、外部のゲーム配信会社のゲームです。

ライブカジノのゲームも、外部のゲーム配信会社のものです。

例えばカジノ・マカオはGAMEPLAY INTERACTIVE社、カジノ・ベガスはAsia Gaming社、カジノ・リノはEzugi社製のソフトウェアが使われています。


エンパイアカジノはイカサマをしていない

エンパイアカジノは、国による規制とライセンス認定を受けて運営されています。

そのため、イカサマをすることは困難です。

さらに、提供されているゲームはエンパイアカジノ独自のゲームではないため、エンパイアカジノが内部のデータに直接変更を加えることは現実的ではありません。

エンパイアカジノではイカサマが行われていないと言って問題ないでしょう。


エンパイアカジノでイカサマが噂される理由

では、なぜエンパイアカジノでイカサマが疑われることがあるのでしょうか。

理由には、エンパイアカジノの特徴がライブカジノの充実さであることが予想されます。

ライブカジノは一見すると、ソフトウェアのカジノゲームよりもイカサマの余地があるように思えます。

また、実際にはライブではなく録画などではないか、と疑われるかたもいます。


イカサマの余地は本当にあるか

前述のとおり、他社のソフトウェアにエンパイアカジノが外部から干渉することは困難です。

しかし、トランプを使うライブカジノなどでは、卓越した技能や高性能な機器を使うことでイカサマが行える余地があるかもしれません。

しかし、ディーラーとテーブルの様子は常に動画で配信されており、多数のプレイヤーが配信を閲覧しています。

また、ライブカジノでは様々なサイドベットがあるものもあり、ブラックジャックなどではプレイヤーの番が来るまでアクションの選択は分かりません。

さらに、時間ぎりぎりまでベットができます。

加えてシューは1枚ずつカードが出るように作られており、常にカジノ側に利益が出るような結果を出すことは非常に困難であると分かります。

可能性の話をしてしまうときりがありませんが、大量のテーブルすべてでイカサマが行われている可能性は現実的にはあり得ないでしょう。

また、万が一イカサマがバレた場合、訴訟のリスクや多数のプレイヤーを失うリスクなど、膨大なリスクを負うことになります。

通常の運営を行うだけで利益を出せるエンパイアカジノがあえてイカサマを行うこともやはり考えにくいです。


ライブカジノは録画ではない

登録ボーナス

ライブカジノが録画である場合、違和感のないように映像を切り替えることで、勝敗を操作することが可能です。

悪質なオンラインカジノでは、実際に録画の場合もあると言われています。

しかし、エンパイアカジノで提供されているライブカジノは、どれも実際のライブカジノです。

ソフトウェア提供元にもよりますが、ほとんどのライブカジノテーブルでは電話番号が表示されており、テーブル上にもディスプレイされています。

この電話番号に電話をかけると、こちらの電話番号がリアルタイムで表示され、ライブであることを確認できます。

不安なかたは一度電話してみることをおすすめします。

しかし、ほとんどの場合、日本国外への電話になり通話料がかかるため、注意が必要です。


エンパイアカジノでイカサマはできる?

エンパイアカジノでイカサマはできるか

エンパイアカジノはイカサマをしていないことが分かりました。

では、プレイヤー側がイカサマを行うことはできるでしょうか。

プレイヤーによるイカサマは、不正工作、共謀があります。


不正工作はできるか

不正工作は、ソフトウェアなどに干渉してゲームの結果や払い出しを不正に操作することです。

非常に卓越した技術があれば、ソフトウェアに干渉してゲームの結果を操作することが可能かもしれません。

しかし言うまでもなく、このような不正行為は禁止されており、犯罪にもなります。

利用規約には、「詐欺、共謀、不正工作、その他の違法な行為」があった場合「会員アカウントを無効化、閉鎖し、またはゲームへのお客様の参加を無効とする権利」がある、と記述されています。


プレイヤー同士の共謀はできるか

カジノとプレイヤーの勝負で、共謀することは一見不可能ですが、ボーナスの悪用やマネーロンダリングのために、共謀が行われる可能性があります。

具体的にはイーブンベットや低リスクの賭けがあります。


イーブンベットとは

イーブンベットは、ルーレットで赤と黒の両方に賭けることなど、ほとんど資金を減らすリスクを負わない賭け方を指します。

フレンチルーレットで赤と黒に同じ金額を賭ける場合を計算してみましょう。

出目が赤か黒の場合は、全体でプラスマイナスゼロです。

出目が0の場合のみ、賭け金額の50%を失います。

出目は1~36と0の37種類あります。

ペイアウト率は約98.6%(100%×36÷37+50%×1÷37)で、控除率は約1.3%です。

また、実際に資金を失う確率は約2.7%(1÷37)です。


低リスクの賭けが規制されている理由

低リスクの賭けを行うことで、わずかなリスクを負うだけで、入金した金額分の賭けを行うことができます。

そのため、低リスクの賭け、特にリスクの低いイーブンベットはマネーロンダリングに使われる恐れがあります。

また、低リスクでボーナス出金条件を達成したり、不正に「ウィークリーキャッシュリベート」を獲得したりするために使われてしまう可能性もあります。

ウィークリーキャッシュリベートは、勝敗に関わらず賭け金額に応じたボーナスがもらえるキャンペーンです。

詳細は「エンパイアカジノの評判、特徴、入金方法、出金方法」で紹介しています。

これらの理由から低リスクの賭け、イーブンベットは禁止・規制されていることが多く、イーブンベットを行うとマネーロンダリングを疑われる場合もあります。


共謀でのイーブンベット

一人でイーブンベットを行い規制の対象になることを避けるため、二人以上で共謀することで、実質的なイーブンベットを行うことが可能です。

例えばライブルーレットで一人が偶数に賭け、もう一人が同じ金額を奇数に賭けることができます。

他に、二人で常に反対の賭け方をすることもできます。

これらのプレイで、ボーナス出金条件を不当に低いリスクで満たしたり、エンパイアカジノを悪用してマネーロンダリングを行ったりすることが理論上できます。


共謀は厳禁

もちろんマネーロンダリングもプレイヤー同士の共謀も利用規約で禁止されています。

利用規約に
「Empire777カジノは、マネーロンダリング防止条例に従って、マネーロンダリングが行われている疑いがあった場合、お客様の会員アカウントを保留、ブロック、または閉鎖し、資金を差し押さえることがあります。」
と記載されています。

また、
「ウェブサイトを通して起きたマネーロンダリングの疑いがあるものすべては、更なる調査を当局に報告するものとします。プレイヤーによるすべての資金は当社により没収されるか、もしくは当局に移動されます。」
とも記載されています。

前述のとおり、共謀が行われた場合はアカウントの無効化やアカウントの閉鎖が行われます。

不正行為は絶対に行わないようにしましょう。


まとめ

エンパイアカジノのイカサマの噂について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 国による規制とライセンス認定を受けて運営しておりイカサマはできない
  • ライブではなく録画などではないかと疑う人がイカサマの噂を広めている可能性がある
  • プレイヤー側がイカサマを行うのも禁止

エンパイアカジノは国に公平公正であることを認められていて、実質的にイカサマを行うことはできません。

エンパイアカジノはライブカジノが充実しているがために、録画ではないのかなどと疑う人が噂を流していると考えられます

プレイヤー側がイカサマを行う行為も絶対にやめましょう。