DORA麻雀のサンマ(三人麻雀)の基本ルールと攻略法

DORA麻雀では、三人麻雀が提供されています。

三人麻雀では雀荘によって北の扱いなどが異なるため、DORA麻雀の三人麻雀のルールや攻略法が気になるかたも多いと思います。

そのため、DORA麻雀のサンマ(三人麻雀)の基本ルールと攻略法を紹介していきます。


DORA麻雀のサンマ(三人麻雀)の基本ルールと攻略法

DORA麻雀の三人麻雀の基本ルール

DORA麻雀の三人麻雀の基本ルール

DORA麻雀の三人麻雀の基本は、一般的な三人麻雀と同じです。

三人でプレイするため、北家がありません。四人麻雀と異なり、萬子の2~8は使用せず、また「チー」を行うことができません。

しかし、四風連打の扱い・「北」の扱いが特殊です。

この2点は麻雀ゲームや雀荘でもルールの扱いが複数あるため、詳細を記載します。


四風連打

四風連打は、1順目に全員が同じ風牌を切った場合に流局になるルールです。

例えば、四人麻雀の1順目で東家が南、南家も南、西家も南を切っている状態で、北家が南を切ると、その時点で流局になります。

1順目に副露が入った場合には、適用されません。

四風連打の名前どおり、基本的には四人麻雀で適用されることがあるルールです。

三人麻雀では適用されることは少ないですが、DORA麻雀では四風連打が適用されています。

4枚切られる必要はなく、1順目で3人全員が同じ風牌を切ると四風連打となり、流局になります。

なお、四風連打では親は流れません。この点には注意が必要です。


北の扱い

北の扱い

DORA麻雀の三人麻雀では北に関して、キタ抜き・北風牌・北を使った平和のルールがあります。

北の扱いは少し特殊ですが、重要なポイントです。


キタ抜き

DORA麻雀の三人麻雀では、自分の番で北が手牌にあると、「キタ抜き」を行うことができます。

キタ抜きを行うと、北は鳴いた牌と同様に自分の場に置かれます。抜いた北はドラ扱いになります。

手牌が1枚減ってしまうため、カンした場合と同様に王牌から牌を1枚引きます。王牌から引いた牌で和了った場合、嶺上開花の役が付きます。

キタ抜きを行っても、副露とは異なり立直できます。しかし、副露を行った場合と同様に一発は消されます。


北風牌・北を使った平和

北風牌・北を使った平和

三人麻雀では、東家、南家、西家がありますが、北家はありません。

本来であれば、北はどのプレイヤーから見ても客風牌ですが、DORA麻雀の三人麻雀では、北の刻子は一翻の役になります。

しかし、北を雀頭にする場合は、翻牌の扱いを受けません。そのため、北を雀頭にして平和の役を作ることができます。


DORA麻雀の三人麻雀攻略法

DORA麻雀の三人麻雀でよく遊ばれているルール

DORA麻雀の三人麻雀でよく遊ばれているルール

DORA麻雀では三人麻雀が人気で、特に東風戦が人気です。

2018年1月6日21時ごろには17のプレイ中の卓があり、そのうち4卓が四人麻雀で13卓が三人麻雀でした。

13卓の三人麻雀のうち、12卓が東風、1卓が半荘でした。

このようにメインは東風戦のため、ここでは三人麻雀東風戦の攻略法を記載します。


勝てるレート・時間帯を選ぶ

前述のとおり、三人麻雀は人気でプレイヤーが多いです。

そのため、プレイヤーのレベルも幅が広くなります。

卓の開くレートにも幅があるため、低めのレートからはじめて、自分の勝ちやすいレートを見極めることが重要です。

また、プレイヤー人数の多い週末などを狙うことで、いくらか勝ちやすくなる可能性があります。


賭け金額とウマのバランスを考える

賭け金額とウマのバランスを考える

$16/$32までのレートは、賭け金額とウマの金額が同じです。

そのため、順位を一つでもあげることが重要になります。

対して、$32/$48より上のレートは、賭け金額がウマの金額の2倍です。

自分が3位の場合を除いて、点数を重視したプレイが利益的になることが増えます。

プレイするレートに合わせた戦い方を意識しましょう。


十分な資金を用意する

三人麻雀は四人麻雀よりゲーム展開が早く、1ゲームにかかる時間も短いです。

DORA麻雀では東風戦がメインのため、1ゲームにかかる時間はより短く、運の要素も強めになります。

そのため、短い時間で多くの金額を失ってしまうこともあり得ます。

資金の変動が原因でプレイに影響が出ないように、余裕を持った量の資金を用意しておくことがおすすめです。


北はキタ抜きする

北はキタ抜きする

基本的に、北はキタ抜きすることが最も点数的に有利です。

三人麻雀では萬子の2~8を利用しないため、対子・刻子を崩しても大きく役が作りづらくなることはありません。北が2枚ある場合はドラ2枚、3枚ある場合にはドラ3枚となり、デメリットよりメリットの方が大きくなります。

そのため、北の対子や刻子ができている場合でも、キタ抜きをおすすめします。

しかし、3人の点数が近いかつオーラスで早く和了たい場合や、ダブル立直できる場合、北が必須の国士無双などを狙う場合など、キタ抜きを抜かない方が良い状況もあります。


まとめ

まとめ

DORA麻雀のサンマ(三人麻雀)の基本ルールと攻略法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • DORA麻雀の三人麻雀では四風連打・北の扱いが特殊
  • 北はキタ抜きがおすすめ
  • 自分に合ったレートでのプレイと資金管理が重要

DORA麻雀の三人麻雀では、北の扱いに注意が必要です。

基本的にはキタ抜きがおすすめですが、その他の形でも活用できる場合があるため、ルールをしっかりと把握しましょう。

DORA麻雀では三人麻雀が特に人気のため、広いレートでプレイすることができます。自分に合ったレート・勝てるレートでのプレイがおすすめです。

DORA麻雀の詳細を見てみる

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら