ブラックジャックのカウンティングの方法と勝ちやすい条件

ブラックジャックのカウンティングは、カジノに禁止されるほど強力な戦略です。

そのため、ブラックジャックで稼ぎたいかたや、しくみが気になるかたも多いと思います。

今回はブラックジャックのカウンティングの方法と勝ちやすい条件を見ていきましょう。


ブラックジャックのカウンティングの方法と勝ちやすい条件

ブラックジャックのカウンティングの種類について

ブラックジャックのカウンティングの種類について

ブラックジャックのカウンティングの種類は、KO戦略、ハイロー、ハイオプトI、オメガII、レッド7、Zenなど非常に多様です。

種類によって、カウントする数値や計算方法、賭ける基準などに差があります。そのため、はじめに共通するしくみを記載した後に、一番簡単なKOの方法を解説します。


ブラックジャックのカウンティングのしくみ

ブラックジャックでは、一度ゲームに使われたカードは取り除かれます。

そのため、その後のゲームではカードが出る確率に偏りが生まれて、勝率も変動します。ペイアウト率が100%を超えて、カジノより有利にプレイできる状況もあり得ます。

使われたカードの内容をカウントして、有利な状況で大きく賭ける戦略がカウンティングです。


はじめのカウントの値

カウンティングでは、最初のカウントの値を設定します。

使われるデック数によってはじめの有利不利度合いが異なるため、デック数に合わせた数値を計算して利用します。

また、カウンティングの種類によって考え方が異なるため、はじめのカウントの値も異なります。


カウントの方法

カウンティングでは、カードにカウントの値を割り当てます。そのカードが使われるたびに、カウントを行います。

例えば2、3、4、5、6はカウント+1のカード、7、8、9はプラスマイナスゼロのカード、10、J、Q、K、Aはカウント-1のカードと割り当てる戦略を利用するとしましょう。

現在のカウントの値が-4で、ディーラーには3が配られたとします。

3は+1のカードのため、-4に1をプラスして、カウントの値が-3になります。

続いてプレイヤー1人目には6と9、プレイヤー2人目に配られたカードは4、Qが配られたとします。

6、4は+1のカード、9はプラスマイナスゼロのカード、Qは-1のカードのため、合計値は+1です。

現在のカウントの値-3に1をプラスして、カウントの値は-2になります。


カウントの数値の意味

カウントの数値の意味

ブラックジャックでは、数値が1か11で利用できるAや、数値が10の10、J、Q、Kがデックに多く残っていると有利です。

Aはプレイヤーが有利に利用できます。10、J、Q、Kはバストの可能性を高めるカードです。

ディーラーは決まったルールとおりにアクションするため、特にバストする可能性が高まり、プレイヤーに有利に働きます。

対して2、3、4、5、6など低い数値がデックに多く残っていると、不利です。

これらの理由から、大きな数字のカードやAにはマイナス、小さな数字のカードにはプラスが割り当てられています。


トゥルーカウントへの変換

正確な有利度合いを把握するためには、カウントの数値に加えて残っているカードの数を考慮することが必要です。

例えば、残りのカードが300枚でカウントが+10の状況と、残りのカードが100枚でカウントが+10の状況では、大きく勝率が異なります。

カウントの段階で残っているカードの枚数が考慮されていないタイプのカウンティングでは、考慮した数値への変換を行います。

この残っているカードの枚数を考慮した数値がトゥルーカウントです。


大きく賭けるタイミング

カウントの数値がプレイヤーに有利になったタイミングで大きく賭けます。

有利度合いの判断には、ピボットやキーカウントなどカウンティングごとに決まった基準を利用します。

例えばキーカウントが+4の場合は、カウントが+4以上になった時に大きく賭けます。


KO戦略のやり方

KO戦略のやり方

KO戦略は非常にシンプルです。

単純にカウントを行い、キーカウント以上の状況で大きく賭けます。


はじめのカウントの値

KO戦略では、1デックの場合は0から、6デックの場合は-20から、8デックの場合は-28からカウントをはじめます。

これ以外のデック数では、4-4×デック数、ではじめのカウントの値を決定します。


カウントの割り当て

KO戦略では、2、3、4、5、6、7がカウント+1のカード、8と9がカウントプラスマイナスゼロのカード、10、J、Q、K、Aがカウント-1のカードです。

7を+1とカウントする点に注意しましょう。


キーカウント

KO戦略では、カウントの数値がキーカウント以上の場合に大きく賭けます。トゥルーカウントへの変換は必要ありません。

キーカウントは1デックでは2で、6デックでは-4で、8デックでは-6です。


ブラックジャックのカウンティングの勝ちやすい条件

ブラックジャックのカウンティングの勝ちやすい条件

前述のとおり、残っているカードの中でプレイヤーに有利なカードの割合が多く、ディーラーに有利なカードの割合が少ないと勝ちやすいです。

そのため、割合に差が出やすいデック数の少ないブラックジャックで、カウンティングがより勝ちやすくなります。

また、ブラックジャックでは残りのカードが少なくなるとシャッフルが行われて、それまでのカウンティングが無効になります。

そのため、シャッフルの頻度が少ないブラックジャックほど、カウンティングが有効です。


ブラックジャックのカウンティングを行う際の注意点

ブラックジャックのカウンティングを行う際の注意点

ブラックジャックのカウンティングを行う際には、禁止事項、デック数とシャッフルの頻度、途中参加、必勝ではないこと、ソフトウェアのブラックジャックなどに注意が必要です。


禁止事項

多くのカジノでは、カウンティングが禁止されています。

カウンティングが発覚すると、プレイを断られる、出入り禁止にされる、罰則を受けるなどの可能性があります。

カウンティングは賭け金額のパターンや視線から、発覚する可能性が高いです。あらかじめリスクの考慮が必要です。

また、オンラインカジノでも利用規約でカウンティングが禁止されている場合もあります。

リアルのカジノのみでなく、オンラインカジノでも注意が必要です。


デック数とシャッフルの頻度

デック数が多く使われるカードの枚数が多いほど、有利な状況は生まれにくいです。

また、シャッフルされてしまうと、それまでのカウンティングは無意味になってしまいます。

そのため、デック数が多いブラックジャック、シャッフルの頻度が高いブラックジャックでは、カウンティングの効果が発揮されにくいです。

リアルのカジノでは6デックのことが多いですが、8デックの場合やシャッフルの頻度が高い場合に気を付けましょう。

なお、オンラインカジノのライブブラックジャックでは、8デックが基本です。


途中参加

途中参加

カウンティングは、シャッフル後最初のゲームからカウントすることで効果を発揮します。

途中から参加してカウントしても効果がないため、注意しましょう。


必勝ではないこと

カウンティングはペイアウト率100%以上の強力な戦略ですが、単純なゲームの勝率が100%になるわけではありません。

有利な状況でたくさんプレイすればするほど勝ちやすくなり、カジノに禁止されているほど強力な戦略ですが、必勝ではない点に注意しましょう。

資金が多くプレイ回数が多いほど勝ちやすいため、十分資金を用意することがおすすめです。


ソフトウェアのブラックジャック

オンラインカジノでは、ソフトウェアのブラックジャックも提供されています。

ソフトウェアのブラックジャックでは1ゲームごとにシャッフルが行われるため、カウンティングの効果はありません。

オンラインカジノでカウンティングを行いたい場合には、ライブブラックジャックを利用しましょう。


まとめ

まとめ

ブラックジャックのカウンティングの方法と勝ちやすい条件について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • カウンティングは、使われたカードをカウントして有利な状況で大きく賭ける戦略
  • デック数が少なく、シャッフルの頻度が少ないほど、カウンティングで勝ちやすい
  • 多くのカジノで禁止されていることや、必勝ではないことに注意が必要

カウンティングのしくみは、残りのカードの状況から有利不利を判断するのみで非常に分かりやすいです。

しかし、実践には難しさがあるため、よく練習して活用することをおすすめします。

しかし、リアルのカジノでは禁止されていることが多いこと、ペイアウト率は100%以上でも必勝ではないこと、など注意点もあります。

実践する場合には、あらかじめ注意点も確認しましょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら



インターカジノ

インターカジノは1996年から運営している歴史の長いオンラインカジノで、株式上場もしています。

ほとんど途切れることなく様々なイベントを開催していて、イベントに参加することでボーナスや高額賞金を獲得するチャンスがあります。

信頼できるオンラインカジノで楽しくプレイしたい人は、インターカジノがおすすめです。

インターカジノの詳細はこちら



カジ旅

カジ旅はRPGをプレイしているように遊べる、ユニークなオンラインカジノです。

カジノゲームをプレイすることで冒険が進んでいき、ボスを撃破すると、ボーナスの購入に利用できるルビーや、フリースピンが手に入ります。

初回入金ボーナスのフリースピン回数が多いことも特徴で、一度プレイしてみて世界観や遊び方が気にいる人ははまるカジノです。

カジ旅の詳細はこちら