バカラでモンテカルロ法を利用する方法

モンテカルロ法は、低めのリスクと高めの成功率を両立した攻略法です。

賞金が2倍のゲームで利用できるため、バカラでも活用できます。

では、どのようにバカラで実践するのでしょうか。また、注意点などはあるでしょうか。

気になるバカラでモンテカルロ法を利用する方法を解説します。


モンテカルロ法のやり方と勝率

モンテカルロ法のやり方と勝率

モンテカルロ法のやり方は少し複雑です。


モンテカルロ法に必要な準備

モンテカルロ法では、数字を消したり追加したりします。そのため、メモ帳やエクセルを準備しましょう。


モンテカルロ法の流れ

モンテカルロ法では、はじめに数字を3個書きます。

書かれた数字を使って賭ける金額を決定して、ゲームをプレイします。ゲームの結果に応じて、数字を削除するか書き足していき、数字がなくなるまでプレイを続けます。

賞金が2倍のゲームで利用する場合は、数字がすべてなくなると必ず6ドルの利益を獲得可能です。


モンテカルロ法のやり方

数字の作成

数字の作成

はじめに「1、2、3」と3個の数字を書きます。

書いた後に「賭け金額の決定とゲームのプレイ」に進んでください。


賭け金額の決定とゲームのプレイ

両端の数字を合計した金額を、ゲームで賭けます。

例えば数字が1、2、3の1ゲーム目では、1と3を足した4ドルを賭けます。数字が1個のみの場合は、その数字の金額を賭けます。

ゲームに勝った場合は「数字の削除」に、負けた場合は「数字の追加」に進んでください。


数字の削除

ゲームに勝った場合は、両端の数字を削除します。

例えば数字が1、2、3の時に4ドルを賭けて勝った場合は、両端の1と3を削除しましょう。

削除後に残る数字は2のみになります。

数字が2個以下の時に勝つと、すべての数字が消えてモンテカルロ法は成功です。

数字が残っている場合には「賭け金額の決定とゲームのプレイ」に戻ってゲームを続けます。


数字の追加

ゲームに負けた場合は、右端に負けた金額を追加します。

例えば数字が1、2、3の時に4ドルを賭けて負けた場合は、右端に4を書き足しましょう。

追加後の数字は「1、2、3、4」になります。

数字を追加した後に「賭け金額の決定とゲームのプレイ」に戻ってゲームを続けます。


モンテカルロ法の勝率

モンテカルロ法の勝率

モンテカルロ法の勝率は高めです。

勝った場合には2個数字が消えて、負けた場合に増える数字は1個のみのため、成功率が高くなっています。

モンテカルロ法は主に勝率約50%で賞金が2倍のゲームで利用するため、実際に勝率を計算してみましょう。

50%で勝って数字が2個減って、50%で負けて数字が1個増えるため、1ゲームで増減する数字の数は「50%×(-2)+50%×1」で計算可能です。

計算結果は-0.5で、1ゲームで平均して0.5個ずつ数字がなくなると分かります。

最初の数字は3個あるため、3÷0.5で理論上何ゲームでモンテカルロ法が成功するかも計算可能です。計算結果は6で、モンテカルロ法は平均して6ゲームで成功すると分かります。


バカラでモンテカルロ法を利用する方法

バカラでモンテカルロ法を利用する方法

バカラでモンテカルロ法を利用する方法

モンテカルロ法は賭け金額を決定する戦略のため、バカラでも簡単に利用できます。

しかし、利用する賭け方に注意が必要です。

勝率が低い賭け方を利用すると、モンテカルロ法自体の勝率も下がってしまいます。

賞金が2倍未満の賭け方を利用すると、獲得できる賞金が6ドル未満になってしまい、状況によってはモンテカルロ法が成功しても損失が発生します。

バカラで利用する場合には、賞金がちょうど2倍で勝率が約50%のプレイヤーに賭けて利用しましょう。

賞金が1.95倍で勝率が約50%のバンカーも利用に向いており、プレイヤーとバンカーどちらに賭けるかを変更しながらモンテカルロ法を利用することも可能です。

しかし、バンカーに賭ける場合は後述する注意点もあります。


バカラでモンテカルロ法を利用する場合の注意点

バカラでモンテカルロ法を利用する場合の注意点

バカラでモンテカルロ法を利用する場合は、タイ(引き分け)の扱いに注意が必要です。

バンカーに賭けて利用する場合には、バンカーの賞金や勝率にも注意しましょう。


タイの扱い

バカラはプレイヤーとバンカーの勝負に賭けるゲームですが、引き分けの「タイ」が発生することもあります。

プレイヤーかバンカーに賭けてタイになった場合は、賭けた金額がそのまま返還されます。そのため、勝負にカウントしないようにしましょう。

具体的には、数字の削除も追加も行わず、次のゲームでも同じ金額を賭けます。


バンカーの賞金

バンカーの賞金は1.95倍で2倍未満です。そのため、モンテカルロ法が成功しても獲得できる賞金は、プレイヤーに賭ける場合より少なくなります。

モンテカルロ法が長引くほど、賞金の減少も大きいです。

非常に勝負が長引いた場合は、成功しても損失が出る可能性もあり得ます。

バンカーのみに賭けてモンテカルロ法を実践する場合は、最初からある1、2、3を含めて1回でも書かれた数字の合計が120を超えると、すべての数字が消えても損失が出ます。

ここまで勝負が長引くことは稀ですが、損失が発生する可能性も考慮して利用しましょう。


バンカーの勝率

バンカーはプレイヤーより賞金が少ないですが、勝率はわずかにプレイヤーより高いです。

そのため、獲得できる賞金が少ない代わりに、モンテカルロ法自体の勝率が高まります。


まとめ

まとめ

バカラでモンテカルロ法を利用する方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • バカラでは、プレイヤーかバンカーに賭けてモンテカルロ法を利用する
  • タイは勝負にカウントせず、数字の削除も追加も行わない
  • バンカーに賭けると勝率は高まるが利益が減り、長引くと損失が発生する可能性もある

モンテカルロ法は少し複雑ですが、低リスクで勝率も高い戦略です。

賞金2倍で勝率約50%のゲームで効果を発揮するため、バカラではプレイヤーかバンカーに賭けて利用しましょう。

なお、バンカーの賞金は1.95倍のため、勝負が長引くとモンテカルロ法が成功しても損失が発生する可能性があります。

モンテカルロ法は安定性が高くそこまで勝負が長引くことは稀ですが、考慮して利用しましょう。

また、勝負が長引いた場合には、プレイヤーのみに賭けることで損失の発生を防止できます。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら



インターカジノ

インターカジノは1996年から運営している歴史の長いオンラインカジノで、株式上場もしています。

ほとんど途切れることなく様々なイベントを開催していて、イベントに参加することでボーナスや高額賞金を獲得するチャンスがあります。

信頼できるオンラインカジノで楽しくプレイしたい人は、インターカジノがおすすめです。

インターカジノの詳細はこちら



カジ旅

カジ旅はRPGをプレイしているように遊べる、ユニークなオンラインカジノです。

カジノゲームをプレイすることで冒険が進んでいき、ボスを撃破すると、ボーナスの購入に利用できるルビーや、フリースピンが手に入ります。

初回入金ボーナスのフリースピン回数が多いことも特徴で、一度プレイしてみて世界観や遊び方が気にいる人ははまるカジノです。

カジ旅の詳細はこちら