バカラでマーチンゲール法を利用する方法

マーチンゲール法は、有名で実践が最も簡単な戦略です。

人気の高いバカラでも利用できますが、どのように実践するのでしょうか。また、実践時の注意点などはあるでしょうか。

今回はバカラでマーチンゲール法を利用する方法を解説します。


マーチンゲール法のやり方と勝率

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法のやり方

マーチンゲール法は、賞金2倍のゲームで使用します。

マーチンゲール法のやり方はとてもシンプルです。

お金を賭けてゲームをプレイして、負けたら次の賭け金額を2倍にします。勝ったら賭け金額をはじめの金額に戻します。

例えば10ドルから賭けはじめて5連敗した場合の賭け金額は順に10ドル、20ドル、40ドル、80ドル、160ドルです。

この後続けて6プレイ目を行う場合は320ドルを賭けます。今回は6ゲーム目で勝ったとしましょう。

勝った場合は賭け金額を最初の金額に戻すため、7プレイ目は10ドルを賭けます。

賞金が2倍のゲームで利用すると、何連敗しても1勝した時点で必ず利益が出ます。

利益の金額は最初の賭け金額と同じで、この例の場合は10ドル(640ドル-320ドル-160ドル-80ドル-40ドル-20ドル-10ドル)です。


マーチンゲール法の勝率

マーチンゲール法の理論上の勝率は非常に高いです。

何連敗しても1勝するのみで利益が出るため、トップクラスの成功率の高さになっています。

しかし例でも分かるように、賭け金額の増大が激しく、失敗した場合の損失も莫大です。

理論上は必勝に近い方法ですが、実際には利用できる資金に限りがあります。

また、カジノは1回で賭けられる金額に上限を設けているため、仮に資金が無限にあっても勝つまで続けることはできません。

マーチンゲール法に限ったことではありませんが、成功確率のみでなく、リスクや勝った場合の利益の金額も考慮することが重要です。


ゲームの勝率とマーチンゲール法の成功率と利益

ゲームの勝率とマーチンゲール法の成功率と利益

マーチンゲール法を賞金2倍以外のゲームで使用すると、成功率と利益が変動します。

賞金が2倍より少なく勝率が約2分の1より高いゲームでは、成功率が上昇する代わりに利益が少ないです。場合によっては、成功しても損失が発生する可能性もあります。

賞金が2倍より多いゲームでは、連敗が続くほど勝った時の利益も増えていきます。

しかし、勝率が低いと連敗が続きやすく、リスクは通常よりもさらに莫大です。


バカラでマーチンゲール法を利用する方法

バカラでマーチンゲール法を利用する方法

プレイヤーかバンカーに賭けることで、バカラでもマーチンゲール法を簡単に実践可能です。

しかし、バカラで実践する場合特有の注意点や、バンカーに賭ける場合の注意点などがあります。


バカラでマーチンゲール法を利用する方法

バカラには様々な賭け方がありますが、賞金が2倍に近い賭け方はプレイヤー(2倍)とバンカー(1.95倍)の2種類です。

プレイヤーかバンカーのどちらかを利用しましょう。

なお、戦略の途中でどちらに賭けるかを切り替えたり、交互に賭けたりしても大丈夫です。

1回でも勝つとマーチンゲール法が完了します。

戦略を終了するか、最初の金額に戻して勝負を続けましょう。


バカラでマーチンゲールを利用する場合の注意点

バンカーに賭けると利益が出ない場合がある

前述のとおり、バンカーの賞金は1.95倍です。そのため、連敗が続くほど勝った時の利益が減っていきます。

5連敗した時点で、バンカーに賭けて勝っても利益が出ず、損失が出るようになります。

例えば最初の賭け金額が10ドルで初戦で勝った場合、1敗後に勝った場合、2連敗後に勝った場合、3連敗後に勝った場合、4連敗後に勝った場合の利益は順に、9.5ドル、9ドル、8ドル、6ドル、2ドルです。

5連敗後に勝った場合、10連敗後に勝った場合の損失は、順に6ドル、246ドルです。

バカラでマーチンゲール法を利用する場合は、はじめからプレイヤーのみに賭けるか、5連敗した後はプレイヤーのみに賭けることをおすすめします。


タイは勝負にカウントしない

タイは勝負にカウントしない

バカラでは、勝ちでも負けでもないタイ(引き分け)が発生することがあります。

タイの場合は賭け金額が全額戻ってくるため、ゲーム回数にはカウントしません。

例えば10ドルから賭けはじめた3連敗後の4ゲーム目で、80ドル賭けたとします。

このゲームでタイだった場合は、次のゲームも4ゲーム扱いのまま80ドルを賭けましょう。


バカラの賭け金額上限

マーチンゲール法は賭け金額の上昇が急激なため、賭け金額の上限を考慮する必要があります。

プレイするカジノ、オンラインカジノのバカラの賭け金額上限をよく確認しましょう。

オンラインカジノのライブバカラでは、5,000ドルか10,000ドルが上限のことが多く、25,000ドルや50,000ドルの場合もあります。

「ハイローラー向けのバカラがあるオンラインカジノ」で上限金額について解説しているため、必要に応じてこちらのページもご覧ください。


失敗した場合の損失とやめ時

バカラで実践する場合に限らずマーチンゲール法自体の注意点ですが、重要なポイントのため記載します。

マーチンゲール法は賭け金額の増大が非常に急激で、十数分程度ではじめの賭け金額の数百倍や数千倍の損失が発生することもあり得ます。

確実にこのリスクを考えた上で実践してください。

また、マーチンゲール法は1勝ですべての損失を取り返すことができるため、連敗が続くとどうしても勝負をやめられなくなるかたも多いです。

あらかじめしっかりとやめ時を決めて、オンラインカジノではプレイ金額制限を設けることをおすすめします。


まとめ

まとめ

バカラでマーチンゲール法を利用する方法について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • バカラでは、プレイヤーかバンカーに賭けてマーチンゲール法を利用する
  • バンカーに賭けると利益が少なく、5連敗した後では勝っても損失が出る
  • マーチンゲール法は非常にリスクが高いため、やめ時とプレイ金額の制限が重要

マーチンゲール法は、賞金が2倍のゲームで利用します。

バカラで実践する場合は、プレイヤーかバンカーに賭けて利用しましょう。

しかし、バンカーの賞金は1.95倍のためバンカーに賭けて勝っても利益は少なく、5連敗以上した後では勝っても損失が出てしまいます。

バンカーには賭けない、5連敗したらプレイヤーに切り替えるなどの対策を行いましょう。

また、マーチンゲール法自体が、賭け金額が急激に増大する超ハイリスクな戦略です。やめ時をしっかりと設定した上で、可能であればプレイ金額の制限も行いましょう。

おすすめのオンラインカジノ

ベラジョンカジノ

ベラジョンカジノは日本ユーザに一番人気のカジノです。

スマホから簡単に遊ぶことができ、スロットやジャックポットが充実しているので、高額賞金をゲットするチャンスが目白押しです。

世界中で遊ばれている信頼感もあり、日本語対応しているので安心して遊ぶことができます。

登録だけでもらえる30ドルのボーナスがあり、入金ボーナスと合わせると最大530ドルもらうことができます。

ベラジョンカジノの無料ボーナスはこちら



エンパイアカジノ

エンパイアカジノはライブカジノが充実していて人気のオンラインカジノです。

タイプの異なるディーラーとプレイすることができ、ライブプレイをたっぷり楽しみたい人に特におすすめです。

ベラジョンカジノほどではないにせよ、入金ボーナスもありますので、登録、入金して損のないオンラインカジノです。

エンパイアカジノの詳細はこちら



インターカジノ

インターカジノは1996年から運営している歴史の長いオンラインカジノで、株式上場もしています。

ほとんど途切れることなく様々なイベントを開催していて、イベントに参加することでボーナスや高額賞金を獲得するチャンスがあります。

信頼できるオンラインカジノで楽しくプレイしたい人は、インターカジノがおすすめです。

インターカジノの詳細はこちら



カジ旅

カジ旅はRPGをプレイしているように遊べる、ユニークなオンラインカジノです。

カジノゲームをプレイすることで冒険が進んでいき、ボスを撃破すると、ボーナスの購入に利用できるルビーや、フリースピンが手に入ります。

初回入金ボーナスのフリースピン回数が多いことも特徴で、一度プレイしてみて世界観や遊び方が気にいる人ははまるカジノです。

カジ旅の詳細はこちら