オンラインカジノ

オンラインカジノで勝てない人には一定の特徴があります。

勝てない人の特徴を知ることで、オンラインカジノの勝率を上げたり、収益を上げていくことにつながりますので、オンラインカジノで勝てない人の特徴や対策について見ていきましょう。

今回はオンラインカジノで勝てない人の特徴と対策についてご紹介いたします。

オンラインカジノで勝てない人の特徴

オンラインカジノで勝てないパターン

オンラインカジノでの勝敗は、どのようなプレイをしていても、最終的には運次第です。

しかし勝てない方の中には、プレイの方法が原因の場合もあります。

勝てないプレイをパターン分けして紹介します。


不利なプレイをしている

プレイヤーに不利なプレイには、控除率の高いプレイと一定の金額でのプレイがあります。


控除率の高いプレイ

オンラインカジノのゲームは、ゲームの種類やプレイ方法ごとに控除率が変わります。

ゲーム選びや賭け方が原因で勝てない場合があります。

例えば8デッキのバカラでプレイヤー・バンカー・タイ(引き分け)に賭けた場合の、それぞれの控除率を見てみます。

プレイヤーは約1.2%、バンカーは約1.1%、タイは約14.4%です。

タイに賭けて勝った場合8倍の払い戻しがあるため、一見それほど不利には思えません。

しかし、実際にはタイに賭けることは非常に不利だと分かります。

計算してみると自分がとても不利な賭けをしている場合があります。


一定の賭け金額でのプレイ

「当たり」や「大当たり」を引いて稼ぐことが目的のスロットやビデオポーカーなどでは、一定金額でのプレイが普通です。

しかしバカラやルーレットなど、それ以外のゲームで賭け金額を変えずにプレイをし続けるのは損失を出しやすくなります。

オンラインカジノのほとんどのゲームは、プレイヤーよりもカジノに有利な条件で行われます。

そのため、一定金額でのプレイは短期間で利益を出せることはあっても、長期間のプレイだと少しずつ資金を失いがちです。


分散の大きいプレイをしている

分散とは、ばらつきのことです。

利益がでる時と、でない時のばらつきが大きいプレイをしていると、なかなか勝てないことがあります。

例えばヨーロピアンルーレットに10ドルを賭ける場合を考えます。

数字の1にだけ賭ける場合、当たる確率は37分の1で、当たった場合の払い戻しは36倍です。

期待値は約9.7ドル(10×36×1÷37)です。

赤に賭ける場合、当たる確率は37分の18で、当たった場合の払い戻しは2倍です。

期待値は約9.7ドル(10×2×18÷37)です。

どちらも賭け金額も期待値も同じですが、実際に当たる確率は大きく違います。

1だけに賭ける場合は、勝った時に大きく稼げますが、当たる確率は約2.7%のため、とても当たりにくいです。

このように分散の大きいプレイをすると、勝てる確率が減ります。


資金が足りていない

ゲームやプレイごとの分散や、選択する戦略によって必要な資金の量が違います。

一般に分散が大きいゲームや、賭け金額の上昇が早い戦略ほど多くの資金が必要です。

例えば賭け金額の上昇が急激なマーチンゲール法を使う場合を考えてみます。

マーチンゲール法は負けるごとに賭け金額を2倍にします。

はじめの賭け金額が5ドルの場合連敗時の賭け金額は10ドル、20ドル、40ドル、80ドルと増えていきます。

もし資金が100ドルの時に、5ドルからマーチンゲール法をはじめた場合、4連敗した時点でマーチンゲール法は失敗してしまいます。

はじめる金額を減らしたり、資金の量を増やしたり、多くの資金が必要ないモンテカルロ法に変えるなどの必要があるでしょう。

一部のスロットマシンでも資金不足が原因で勝てない場合があります。

スロットマシンによっては、ゲージが用意されていて、特定の役が揃うごとにゲージが貯まっていきます。

ゲージが満タンになるとボーナスゲームをプレイできるなどの特典を受けられます。

このようなタイプのスロットマシンは、ゲージを貯め切らずに終了してしまうと、プレイヤー側に非常に不利になってしまいます。

資金が足りない場合は、十分な資金を用意するか、別のタイプのスロットマシンをプレイする方が勝ちやすくなります。


やめ時が分からない

グランマーチンゲール法

勝っている時も負けている時も、やめ時は重要です。

ゲームや戦略にもよりますが、ある程度負けが重なったら回収を諦めたり、目標利益を達成したらゲームを終了して利益を確定するだけで、負けにくくなるでしょう。


オンラインカジノで勝てない人はどうしたらよいか

勝てない人が勝つためには

オンラインカジノ

もちろん単純に運が悪いだけだったり、上記以外の原因がある場合も考えられます。

しかし上記が勝てない理由である場合は、それぞれを改善すれば勝ちやすくなります。

おすすめの改善方法を紹介します。


有利な条件でプレイするためには

他のギャンブルよりも全般的に控除率が低く払い戻し率が高いことが、オンラインカジノの大きな魅力です。

しかし賭け方やプレイ方法次第では、控除率が高くなる場合もあります。

ゲームごと、プレイの仕方ごとの控除率や払い戻し率は簡単に計算することができます。

メジャーなゲームの控除率や払い戻し率はインターネット上でまとめられていることも多いです。

控除率が低く、払い戻し率が高いゲームを選ぶだけで、不利な条件でのプレイをしないで済みます。

初心者には、ルールが簡単で控除率も非常に低いバカラがおすすめです。


勝ち負けのばらつきを減らすためには

オンラインカジノに関わらず多くのギャンブルでは、勝率が低ければ低いほど払い戻し倍率は高く、勝率が高ければ高いほど払い戻し倍率は低くなります。

同じゲームであれば、賭け方を変えても払い戻し率(勝率×払い戻し倍率)が大きく変わることは少ないです。

そのため、長くプレイする場合は勝率が大きな影響を与えることは少なくなります。

しかし、安定した勝利を目指す場合は勝率の高いゲームを選ぶことをおすすめします。

具体的には、勝率約50%で払い戻しが約2倍の、バカラやルーレット、ブラックジャックなどがおすすめです。


資金不足を解消するためには

資金が足りない場合には、必ずしもたくさんの資金を用意しなければならないわけではありません。

安定して勝つためには、絶対的な資金の量と相対的な資金の量が重要です。

つまり賭け金額に対して、どれくらい多くの資金を持っているかが重要になります。

また前述の勝敗のばらつき具合(分散)が大きければ大きいほど、勝敗を安定させるためには多くの資金が必要です。

そのため、資金不足を解決するためには、絶対的な資金量を増やすことと、相対的な資金量を増やすことの、二つの方法があります。


絶対的な資金量を増やす

絶対的な資金量を増やすためには、単純に資金を新たに入金すれば良いです。

ボーナスがもらえる場合は活用するのも手ですが、出金条件はあらかじめ確認しておきましょう。


相対的な資金量を増やす

相対的な資金量を増やすためには、賭け金額を減らすか、分散の低い賭け方や戦略を採用しましょう。

例えば100ドルの資金があって、1回10ドルから賭けはじめる場合は、はじめの賭け金額の10倍の資金量を持っていることになります。

これを1回1ドルから賭けはじめるように変更すると、はじめの賭け金額の100倍の資金量になります。

賭け金額を減らすだけでも分散は減りますが、さらに勝率の高い賭け方に変更することでさらに分散が減ります。

マーチンゲール法などの分散の大きい戦略を使っている場合は、1235法などの安定性の高い戦略に切り替えるだけで大きく分散を減らせます。


やめ時を決めるためには

勝っている時にはさらに利益を出したくなり、負けている時には損失を回収したくなります。

そのため、やめ時を決められずに利益をなくしてしまったり、損失を増やしてしまう方が多いです。

やめ時を決める方法はいくつかありますが、実践しやすい方法を二つ紹介します。


ハーフストップ法

一つ目はハーフストップ法です。

ハーフストップ法は、目標利益を決めておいて、その利益を達成したら、その利益が半分以下になった時点ですぐにプレイをやめる戦略です。

詳細は「ハーフストップ法のやり方と注意点」をご覧ください。


時間制限をあらかじめ決めておく

二つ目は時間制限をあらかじめ決めておくことです。

例えば1時間プレイしたらその日は終了すると決める場合は、プレイをはじめると同時に1時間のタイマーを設定します。

タイマーが鳴ったら即座にプレイをやめます

一部のオンラインカジノでは、プレイをはじめて一定時間が経ったり、ログインしてから一定時間が経つと、メッセージでそのことを知らせてくれるサービスを利用できます。

このサービスを活用しても良いでしょう。

しかし時間制限が向かないゲームや戦略もあるので注意しましょう。

特定の役が揃うごとにゲージが貯まって、ゲージが貯まりきるとボーナスがプレイできるスロットマシンで遊ぶ場合には、ゲージを無駄にしてしまう場合があります。

賭け金額を決定するための戦略を使っている場合も、なかなかタイミングよくやめることができないことがあります。

最初に決めた制限を守れないと、むしろ悪い習慣がついてしまうことにもなりかねません。


練習モードでプレイしてみる

最後にこれらの改善点を確認したら、現金でプレイする前に一度練習モードで実践してみることをおすすめします。

資金の量を気にせずに自分に合ったゲームを探すことができ、実際にどれくらい勝てるようになるかも確認できます。


まとめ

オンラインカジノで勝てない人の特徴と勝つための対策について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 資金が少ない場合は1235法やモンテカルロ法などの戦略を利用する
  • 初心者には控除率が低く、払い戻し率が高いバカラがおすすめ
  • やめ時をルール化しておく

オンラインカジノで勝てない人には特徴がありました。

しかし、勝つための対策を実施すれば勝率が上がってよりゲームを楽しむことができます。

一番大事なのは、しっかりとリスクを吟味して、やめ時をルール化しておくことです。

大きな損失が出ないように注意しましょう。