オンラインカジノの戦略の1つに31システムという方法があります。

今回は31システムの戦術や気を付けるべき注意点についてご紹介します。

31システムのやり方と注意点


31システムとは


31システムとは「約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負」に使える戦略です。

2連勝するとその時点で利益がでます。

1セットの賭けすべてに負けても損失が31ドルで済むので、31システムと呼ばれています。

31システムの賭け方

31システムでは、1ドル、1ドル、1ドル、2ドル、2ドル、4ドル、4ドル、8ドル、8ドルの順番で賭けていきます。

1ドルの勝負は3回、2ドル、4ドル、8ドルの勝負は2回ありますが、1回目に勝った場合は、2回目は行いません。

2連続で勝つと必ず利益が出ます。2連勝したら終了して、はじめからやり直します。

8ドルの勝負では、勝っても負けても終了してはじめからやり直します。

31システムのやり方

オンラインカジノ
31システムを実践するためには約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負が必要です。

この条件に該当するのはヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラなどがあります。

自分好みのゲームを選択しましょう。

選択したら、後は上記の例のようにプレイするだけです。

31システムの注意点

31システムを実践する場合は損失制限に注意が必要です。

負けた場合の損失

31システムでも損失が出てしまう場合はあります。

特に最後の3回の4ドル、8ドル、8ドルの勝負どれにも負けた場合は、大きめの損失が発生してしまいます。

31システムではワンセットでそこまで大きな利益が出るわけではありません。

何セットか負けてしまうと、31システムだけでの損失の回収が困難になる場合があります。

ボーナスによる制限

オンラインカジノによっては、ボーナスがアカウントにある状態だと一部のプレイを制限されます。

例えばヨーロピアンルーレットが制限ゲーム(ボーナスがある時にプレイしてはいけないゲーム)に指定されている場合、ヨーロピアンルーレットで遊ぶこと自体ができません。

1度に決まった金額以上賭けることが禁止されている場合も31システムは使えません。

禁止されていなくても決まった金額以上のプレイだと、出金条件にカウントされない場合もあります。

ボーナスの出金条件には特に注意しましょう。

31システムの拡張


資金に余裕がある場合は、31システムを拡張して使うことができます。

例えば1ドル、1ドル、1ドル、2ドル、2ドル、4ドル、4ドル、8ドル、8ドルの1セットの後に、16ドル、16ドルの部分を追加したり、さらに32ドル、32ドルと追加していくこともできます。

拡張するとその分だけ1セットで負ける確率は低くなります。しかしその分負けた場合の損失も増えてしまうので注意しましょう。


まとめ


31システムのやり方と注意点について見てきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 約1/2で勝てて2倍の払い戻しのある勝負に使える戦略
  • 向いているゲームはヨーロピアンルーレット、ブラックジャック、バカラ
  • 31システムを実践する場合は損失や制限に注意が必要

31システムは初心者にもわかりやすい戦術で、すぐに実践に取り組みやすい手法です。

またパターンが決まっているので、勝っている負けているといった精神的な揺れにも影響されにくく資金に余裕がある場合は拡張する事もできます。

ですが負けが続いてしまうと損失の回収が困難になったり、ボーナスによる制限があったりと注意が必要になります。

31システムの特徴や注意点をしっかり把握して、実践してみてください。